レッスン・練習
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

今回のテーマはパター練習で時間をかけるのは「ロングパット」or「ショートパット」、どっち?/教えて甲斐慎太郎編

正解はどっち?

パター練習で時間をかけるのは「ロングパット」or「ショートパット」、どっち?/教えて甲斐慎太郎編

『ロングパット』で練習スタート!

「僕の場合、練習グリーンに入ったら、まずは『ロングパット』から始めます。重要視している順で『ロングパット』→『ミドルパット』→『ショートパット』の順番で徐々に距離を詰めていきます。まずは大体の目測で、カップまで13~14歩ぐらいの距離にボールを置き、自分の距離感でポンポンと転がしていきます。

「感覚」と「転がり」の違いを見る!

上記の転がしでショート気味なら、今日は少し“重め”だなと感じます。逆にカップをオーバーすれば、スピードが“速い”と判断できます。自分の体が覚えている基準の距離感との違いを『ロングパット』で把握するわけです。あとは、その日のスピードに合わせて、タッチを微調整していきます。

『ショートパット』は方向性!

タッチがつかめてきたら、徐々にカップまでの距離を短くしていき、最後は1.5メートルぐらいの『ショートパット』を練習します。『ショートパット』は距離感よりも、如何に狙った方向に正しく打ち出せるかが重要です。

“壁ドン”でねじ込もう!

『ショートパット』は多少傾斜があっても、ラインを薄めに読んで強めにヒットしたほうが、カップインの確率は高くなります。ですからショートパットの練習をするときは、カップの入り口とは反対側の壁にドンと当てるぐらいの強さで、しっかりと打っていきます」。

カップに入れるのは本番だけでOK!
おすすめ記事通知を受け取る

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

hotlist 2018

“HOTLIST 2018”今年の優秀なクラブたち
最新クラブを徹底レビュー。「HOTLIST2018」公開!

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

[PR]スペシャルインタビュー
mbu事業案内
効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き!
ゴルフ工房
ゴルフ工房で職人の技をあなたの14本に
ツアー速報をお届け ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
ゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
リニューアル!予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入OK!
年会費無料の特典付きゴルフカード!
アマチュアナンバー1を決める熱き戦い!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス