レッスン・練習
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

今回のテーマはLesson.32 スライス徹底矯正! その2

植村啓太のフィーリングゴルフ

Lesson.32 スライス徹底矯正! その2

2014/11/10

体は回せばいいというものではない

スライスの原因は、インパクトでフェース面が開くからです。フェース面が開く原因のひとつとして、フィニッシュで体を回し過ぎることが考えられます。よく、フォローを大きくとか、フィニッシュまで振り切ることが大事とかいった表現をしますが、それを過剰に意識することで、体を回すことだけを考えてしまう。結果、ヘッドの動きの管理ができず、振り遅れて、フェース面が開いてしまうのです。

胸が開き過ぎないフィニッシュを覚える

フェース面のコントロールがきっちりできるようになれば、スライスになることはありません。そのためには、むやみに体を回しすぎないことです。ボールをしっかりとつかまえられるタイプの人は、腰は回転しても肩というのはあまり回わらないものです。そのために効果的なのが、フィニッシュの形を覚えることです。下半身、上半身が正しくバランスのとれたフィニッシュを覚えていきましょう。

胸が10時を向いたままのフィニッシュ

体や肩が回りすぎない、理想的なフィニッシュを覚える方法が、時計をイメージして、アドレスした状態(ヘッドが12時)からヘッドを10時の位置に動かします。胸も同じ方向を向けてください。そこから胸の向きを変えないまま、クラブを首に巻き付けるようにしてフィニッシュまでもっていく。まずは、このフィニッシュの形を覚えてください。

ヘッドが自然に返って球がつかまる

胸を開きすぎないフィニッシュの形を覚えたら、その形を作れるようなスイングを目指します。ゴールが決まれば、スイングのバランスも自然によくなるものです。また、胸が開かないことで、インパクトでフェースが自然に返り、ボールがしっかりとつかまるようになります。さらに、このフェースの返りによってヘッドが走るので、飛距離アップにも繋がるのです。

【動画】Lesson.32 スライス徹底矯正!その2

自然にフェースターンさせるための体の動きを身につけましょう!

おすすめ記事通知を受け取る

植村啓太
1977年5月27日生まれ。21歳からティーチング活動を始め、その後ツアープロコーチとして幾人ものプロを担当。自身の主宰する「K’s Island Golf Academy」を中心に、多岐に渡り活躍中。ゴルフ誌をはじめ、幅広いメディアにも出演。

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

hotlist 2018

“HOTLIST 2018”今年の優秀なクラブたち
最新クラブを徹底レビュー。「HOTLIST2018」公開!

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

mbu事業案内
効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き!
ツアー速報をお届け ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
ゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
リニューアル!予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入OK!
年会費無料の特典付きゴルフカード!
アマチュアナンバー1を決める熱き戦い!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス