レッスン・練習
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

今回のテーマは「どっしり構える」の具体策とは? 斉藤愛璃

女子プロ・ゴルフレスキュー

斉藤愛璃'sレスキュー
「どっしり構える」の具体策とは? 斉藤愛璃

「ティショットの方向性アップ」をレスキュー♪

【アマチュアゴルファーYさんの悩み】
「フェアウェイが狭く、左右にOBエリアのある難ホール。曲げたくないティショットでは、どこに注意を払えば良いでしょうか?」

斉藤愛璃のレスキュー回答】
私は、ボールが曲がる主な原因を、体の軸ブレだと考えています。スイング中に右や左に体がブレることで、スイングプレーンがいつもの軌道から外れ、インパクト時のフェースコントロールが安定しにくくなるからです。

1. スタンス幅を狭める

体の軸をキープするには、いつものスタンス幅より狭くすることがポイントです。スタンスを狭くすることで、意識しなくてもスイング自体がコンパクトになり、アドレス時の軸もキープしやすくなるため、スイングの安定につながります。

2. 足裏を意識する

ただし、スタンス幅を狭くした時は、体の重心の高さが上がりやすいことに注意が必要です。最適な対処法は、足裏の意識を強くもつこと。人間の体には、意識を集中した部位が大きな動きを取りやすい特性があります。地面に接地している足裏であれば、通常の動きを崩さないまま、重心だけを下げることができます。

3. 重心は勝手に下がるもの

レッスン誌でよく「下半身をどっしり構えよう」という内容を目にしますが、漠然と下半身を意識しても、体の重心は下がってくれません。意識するのは足裏のみ。重心は意識的に下げるものではなく、勝手に下がるものと考えましょう♪

【今回のまとめ】スタンスを狭めて足裏意識

スタンス幅を狭める。
足裏を意識する。
・重心は勝手に下がるもの。

取材協力/千葉セントラルゴルフクラブ

斉藤愛璃'sレスキュー 記事一覧

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

斉藤愛璃(さいとう・あいり) プロフィール

1989年生まれ、神奈川県出身。父親の影響で8歳からゴルフを始め、2011年にプロテスト合格。12年の開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」で初優勝。ツアー11戦目での優勝は当時の日本人では最速記録。今季はオフに磨きをかけたショートゲームを武器に、ツアーでの活躍を誓う。程ヶ谷カントリー倶楽部所属。

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き
ゴルフ工房
ゴルフ工房で職人の技をあなたの14本に
ツアー速報をお届け
ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
ゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入OK
年会費無料の特典付きゴルフカード!
アマチュアナンバー1を決める熱き戦い!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
やってみよう!フットゴルフナビ
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス