レッスン・練習
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

今回のテーマは雨の日のゴルフ 絶対に濡らしてはいけないものは? 江口紗代

女子プロ・ゴルフレスキュー

江口紗代'sレスキュー
雨の日のゴルフ 絶対に濡らしてはいけないものは? 江口紗代

憧れのイ・ボミを目標にする期待の23歳が登場!

今回から登場するのは、プロテスト合格を目指す江口紗代さん。負けず嫌いな性格で、「どこをとっても完璧!」とほれ込むイ・ボミを目標とする23歳。そんな彼女のレッスンは、わかりやすくスコアアップに直結するヒントが満載だ。

「雨の日でもスコアを崩さない対策」をレスキュー♪

【アマチュアゴルファーIさんの悩み】
「雨が降ると調子が上がらず、気持ちも沈みがち…。雨の日でもスコアを崩さないためには、どうすれば良いでしょうか?」

【江口紗代のレスキュー回答】
雨の日に私が注意しているのは、絶対にグローブとクラブを濡らさないこと。グローブやグリップが濡れると、余計な力が入りミスの原因になります。クラブのフェース面も、濡れるとボールが滑りやすくなるので注意を払いましょう。

1. グローブはタオルに挟んでしまう

移動中は、グローブを傘の内側に引っかけて濡れないように心がけます。ショットとショットの間でも、必ず外して雨から守ってください。時間があるときや雨が強いときには、乾いたハンドタオルに挟んでポケットにしまいます。

2. グリップは傘の柄とともに

クラブを持って移動する際は、クラブと傘の柄を一緒に持つようにしています。ショットやパット中は、使わないクラブは傘の中に立てかけます。雨が上がり、芝が濡れているときは、ティを挿してその上にグリップを置きます。

3. フェースは1Wも忘れずに拭く

一般的にアイアンやウェッジのフェースを拭くゴルファーは多いですが、意外と見落としがちなのはドライバーのフェース面。濡れるとインパクトでボールが滑り、右に行きやすくなります。ティショット前は必ずタオルで拭きましょう♪

【今回のまとめ】絶対に濡らしてはいけない3点セット

グローブはタオルに挟んでしまう。
グリップは傘の柄とともに。
フェースは1Wも忘れずに拭く。

江口紗代'sレスキュー 記事一覧

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

江口紗代(えぐち・さよ) プロフィール

1997年生まれ、岡山県出身。父の影響で小学生の頃にゴルフをはじめ、名門・香川西高等学校を卒業。現在はプロテストに挑戦中。身長153㎝と小柄ながら、ドライバーの平均飛距離は230yd以上。得意クラブはパター。BS日テレ「ゴルフサバイバル」や「白金台女子ゴルフ部」に出演して人気急上昇中。

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き
ゴルフ工房
ゴルフ工房で職人の技をあなたの14本に
ツアー速報をお届け
ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
ゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入OK
年会費無料の特典付きゴルフカード!
アマチュアナンバー1を決める熱き戦い!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
やってみよう!フットゴルフナビ
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス