レッスン・練習
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

今回のテーマは3パットを激減させる歩幅を使った練習法 植手桃子

女子プロ・ゴルフレスキュー

植手桃子'sレスキュー
3パットを激減させる歩幅を使った練習法 植手桃子

「効率のいいパッティング練習」をレスキュー♪

3パットを激減させる歩幅を使った練習法 植手桃子がレスキュー♪

【アマチュアゴルファーKさんの悩み】
「パッティングの距離感に不安があり、3パットばかり…。どんな練習をすれば改善できますか?」

植手桃子のレスキュー回答】
3パットを減らすには、ショートパットの精度よりも、まずはロングパットのタッチの精度を上げることが大切だと思います。方向性を意識した練習ばかりではなく、嫌な距離を残さないための"感覚"を磨く練習を実践しましょう。

1. 一歩ずつボールを止める

一歩ずつ歩測してグリーンにマークを置き、その位置にピタッとボールが止まるように打っていく練習がおすすめです。初めは難しいと思いますが、反復して行うことで、機械的にストロークのリズムや力感を合わせやすくなります。

2. 腕に力が入っていないかを疑う

狙った距離にボールが止められないなら、腕に力が入っていないかを疑ってください。特に"1歩目"のタッチを合わせるのが難しく、手先で加減してしまうもの。腕や手の力感ではなく、ストローク幅で距離を打ち分けられるように練習しましょう。

3. 体幹を意識できる

この歩幅を使った練習により、自然と体幹の意識をもてるようになります。腕の力に頼らないストロークを繰り返すことで、腹筋に力が入るからです。体の中心軸がキープでき、ヘッド軌道も安定するため、距離感だけではなく方向性も身につきます。

【今回のまとめ】転がすよりも止める練習♪

一歩ずつボールを止める。
に力が入っていないかを疑う。
体幹を意識できる。

取材協力/北六甲カントリー倶楽部東コース

植手桃子'sレスキュー 記事一覧

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

植手桃子(うえて・ももこ) プロフィール

1997年9月10日生まれ、兵庫県神戸市出身。6歳からゴルフを始め、滝川第二高校ゴルフ部時代に先輩・堀琴音を見てプロへの思いが強くなる。5回目のプロテストで合格。2021年「京都レディース」4位に。22年はステップアップツアー複数回優勝&賞金ランク1位を目指す。

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き
ゴルフ工房
ゴルフ工房で職人の技をあなたの14本に
ツアー速報をお届け
ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
ゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入OK
年会費無料の特典付きゴルフカード!
アマチュアナンバー1を決める熱き戦い!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
やってみよう!フットゴルフナビ
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス