レッスン・練習
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

今回のテーマはパッティングが劇的にうまくなる練習法 山田彩歩

女子プロ・ゴルフレスキュー

山田彩歩'sレスキュー
パッティングが劇的にうまくなる練習法 山田彩歩

「効率のいいパッティング練習」をレスキュー♪

パッティングが劇的にうまくなる練習法 山田彩歩がレスキュー♪

【アマチュアゴルファーJさんの悩み】
「3パットが多くてスコアが伸びません。パッティングを安定させるためには、どのような練習をすれば良いですか?」

山田彩歩のレスキュー回答】
ストロークを安定させるには、いつも決まった力感で、常に同じ意識と動きで行うことが重要です。特に緊張するほど利き手に力が入りやすく、ミスパットの原因になることが多いです。そこで今回は、意識しなくても利き手と逆の手が自然と主導するようになる練習法をご紹介します。

1. 利き手とは逆の手で打つ練習法

練習メニューは、利き手とは逆の手のみでボールを転がすドリルです。私は右手が利き手なので、左手のみでクラブを握り、右手は左手首に軽くそえるだけ。この状態でいつものようにパッティングを行い、狙ったラインに打ち出せるまで繰り返します。

2. ヘッドを低く保つ

片手ドリルの際に注目しているのは、ヘッドの上下軌道です。急激に上がったり下がったりしていては、ミート率は上がりません。特にフォローでは、ヘッドを低く出すように保つことで、前傾が起きにくくなり、パターの芯でとらえやすくなります。

3. 背筋を意識する

意識するポイントは背筋です。手先よりも、大きな筋肉に集中することで再現性が高まります。背筋以外の体の部位は全て脱力させ、無駄な力感をなくします。常に安定した動きができるように、意識を背中にもっていきましょう♪

【今回のまとめ】意識が体の前にあってはダメ

利き手は絶対に意識しない。
・ヘッドを低く保つ。
背筋を意識する。

取材協力/鶴舞カントリー倶楽部

山田彩歩'sレスキュー 記事一覧

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

山田彩歩(やまだ・さほ) プロフィール

1998年11月18日生まれ、北海道出身。同郷である小祝さくらと同じ黄金世代。2015、16年「北海道高等学校ゴルフ選手権」団体優勝。14、15年「国民体育大会」北海道代表に選出。同期に追いつくため、必死に挑んだ20年度のプロテストに見事合格。ゴールはプロの資格ではなく、ツアーの第一線で戦うことと目標を定めるホープ。優れたコースマネジメント力が持ち味。

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き
ゴルフ工房
ゴルフ工房で職人の技をあなたの14本に
ツアー速報をお届け
ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
ゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入OK
年会費無料の特典付きゴルフカード!
アマチュアナンバー1を決める熱き戦い!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
やってみよう!フットゴルフナビ
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス