レッスン・練習
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

今回のテーマは飛んで曲がらないドライバーショットのつくり方 山田彩歩

女子プロ・ゴルフレスキュー

山田彩歩'sレスキュー
飛んで曲がらないドライバーショットのつくり方 山田彩歩

黄金世代の注目ルーキー・山田彩歩が登場!

今回からレッスンを担当するのは、1998年度生まれの黄金世代のひとりで、20年度のプロテストに合格した山田彩歩プロ。4度目の挑戦で狭き門を通過し、プロとして新たなスタートを切った彼女が、アベレージゴルファーの悩みをレスキューしてくれる。緻密な思考と鋭い感覚のレッスン内容は必見!

「ティショットの方向性アップ」をレスキュー♪

飛んで曲がらないドライバーショットのつくり方 山田彩歩がレスキュー♪

【アマチュアゴルファーEさんの悩み】
「ティショットが左右に曲がり、スコアを大きく崩してしまいます…。とにかくドライバーショットを安定させたいのですが、どうすれば良いでしょうか?」

山田彩歩のレスキュー回答】
コースに出ると思うようなスイングができず、方向性が悪くなるのはゴルファーの誰もが抱く悩みです。私が考える一番の要因は、手先に頼ったスイングをしていること。下半身や両腕といった大きな動きを意識して、スイングできるように準備することが重要です。

1. アドレスに入る直前にジャンプをする

下半身を安定させるには、アドレス時の重心位置がとても重要です。前後左右に偏ることなく、バランスよく立つことが肝心。おすすめの方法は、アドレスの位置で一度ジャンプして両脚を開いた状態で着地をし、そのまま構えることです。

2. 足の裏で地面をつかむ

アドレス以降も、スイング中の重心をキープする必要があります。そのためには、シューズの中で足の五本指を使い、地面をつかむような意識をもつことです。指でしっかり這うような動きをとることで、体が大きく崩れることを防ぎます。

3. 両ひじの間隔を保つ

さらに方向性を上げるには、上半身の動きも大切です。スイング練習用のボールを両ひじで挟み、スイング中に常に正面にボールがあるような動きを習得します。両ひじの間隔が崩れないように、上体の回転を使って振れるように心がけましょう。

【今回のまとめ】手先を使わない3つの意識♪

・アドレスに入る直前にジャンプをする。
足の裏で地面をつかむ。
・両ひじの間隔を保つ。

取材協力/鶴舞カントリー倶楽部

山田彩歩'sレスキュー 記事一覧

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

山田彩歩(やまだ・さほ) プロフィール

1998年11月18日生まれ、北海道出身。同郷である小祝さくらと同じ黄金世代。2015、16年「北海道高等学校ゴルフ選手権」団体優勝。14、15年「国民体育大会」北海道代表に選出。同期に追いつくため、必死に挑んだ20年度のプロテストに見事合格。ゴールはプロの資格ではなく、ツアーの第一線で戦うことと目標を定めるホープ。優れたコースマネジメント力が持ち味。

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き
ゴルフ工房
ゴルフ工房で職人の技をあなたの14本に
ツアー速報をお届け
ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
ゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入OK
年会費無料の特典付きゴルフカード!
アマチュアナンバー1を決める熱き戦い!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
やってみよう!フットゴルフナビ
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス