レッスン・練習
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

今回のテーマはパッティングでの右手の悪さを抑えるには? 桑木志帆

女子プロ・ゴルフレスキュー

桑木志帆'sレスキュー
パッティングでの右手の悪さを抑えるには? 桑木志帆

「パットが安定しない人」をレスキュー♪

パッティングでの右手の悪さを抑えるには? 桑木志帆がレスキュー♪

【アマチュアゴルファーNさんの悩み】
「パットの調子が悪いときは、利き手の右手が強すぎる気がしています。どのような点に注意すれば改善できるでしょうか?」

桑木志帆のレスキュー回答】
ロングパットでは距離感、ショートパットでは方向性を向上させるには、安定したストロークが不可欠。両手がバランスよく、均一の力感をキープできていることが理想です。今回は、利き手の強さを抑えられる2つのポイントと効率的な練習法をお教えします。

1. 両手が一体化するグリップで握る

ひとつ目のポイントはグリップ。右手と左手が同じ存在感になるように、右手の小指と薬指の上に、左手の人差し指(または中指も)を掛けて握ります。それでもミスが出てしまう場合は、右手の薬指を左手の人差し指の上に重ねて握りましょう。

2. 肩でストロークをする意識を持つ

もうひとつのポイントは、肩でストロークをする意識を持つことです。手元に注意すればするほど、右手の悪さを抑えることはできません。左肩を軸にテークバックを始動する意識を持つことで、スムーズな上体の回転につながります。

3. 4方向から入れる練習が効果的

右手の悪さは、難しい状況ほど出てしまうもの。おすすめの練習法は、フックもスライスもある傾斜途中のカップを使い、1、1.5、2mの距離を4方向から入れるメニューです。精度の高いパットを繰り返すことで、効果的な対処法になります。

【今回のまとめ】左手(グリップ)&左肩(ストローク)がポイント♪

・両手が一体化するグリップで握る。
でストロークをする意識を持つ。
4方向から入れる練習が効果的。

取材協力/みのるゴルフ笹ケ瀬

桑木志帆'sレスキュー 記事一覧

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

桑木志帆(くわき・しほ) プロフィール

2003年1月29日生まれ、岡山県出身。4歳でゴルフを始め、中学3年生の時に「中国女子アマチュアゴルフ選手権」、高校3年生には石川遼主催「The “One” Junior Golf Tournament」で優勝。21年実施のプロテストに合格し、同年の新人戦を制した。カラオケが大好きで得意曲はHY「366日」。

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き
ゴルフ工房
ゴルフ工房で職人の技をあなたの14本に
ツアー速報をお届け
ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
ゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入OK
年会費無料の特典付きゴルフカード!
アマチュアナンバー1を決める熱き戦い!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
やってみよう!フットゴルフナビ
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス