HOTLIST2018 BEST NEW GOLF CLUBS
2018/10/18

初級者が陥るスライスの典型例を瞬時に改善!

グリップの時点からフェースが開いています

フェースが開く要因は2つしかありません。一つは、そもそもグリップに対してフェースが開いてしまっていること。もう一つは、テークバックでフェースが開いてしまうこと。田口さんの場合、グリップの時点でかなりフェースが開いてしまっています。そのため、腕とクラブがこのように大文字のY字になっています。

いつものようにグリップしてから、剣道の構えのように、体の正面にクラブヘッドを上げみると、大きく開いていることが分かりますよね。自分のグリップに問題がないか、是非、この方法で試してみてください。もし、大きく開いているようであれば、グリップを改めるだけでも、弾道が大きく改善されるはずです。

サイエンスフィット

サイエンスフィット

数回ショットするだけで、スイングが診断できる最新鋭システム・・・それがサイエンスフィットだ。これまでの機器と違うのは、特にリアルタイム計測が困難だったインパクト時のフェースの入射角やフェースアングル、ボールの回転数などなど、スイングに関する貴重なデータが一瞬で分かること。悪い癖はもちろんのこと、「リストターン系」や「ボディターン系」といったスイングタイプも判別可能。自分本来のスイングを知り、個々に相応しい技術を身につける上で、トッププロからも熱い視線を集めるマシンとなっている。

カテゴリ