レッスン・練習
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

今回のテーマはアドレスの基本:前傾姿勢

アドレスの基本:前傾姿勢

前傾姿勢で飛距離アップ

基本的なことで、特に見落とされがちなのがポスチャー。構えのことです。特に前傾姿勢はすごく大事。パワーをしっかり貯めるための土台となるので、これがしっかりしていれば、他の部位だけを改善する以上の飛距離アップ効果が望めるのです。これは誰でも正しい形が体感できるので、すぐにでも取組んでください。

正しい前傾姿勢の作り方

正しい前傾姿勢の作り方です。自分よりも体重が重い人をおんぶするイメージを持ってください。写真のように、膝が落ちて、状態が前かがみになりますよね。四方から押されてもビクともしない体勢。これが正しい前傾姿勢の作り方です。

動き易い状態とは

この姿勢になると股関節がきっちりはまって、動き易い状態になります。

フトコロにスペース

膝が適度に折れ曲がり、上体が前傾するので、俗にいうフトコロにスペースができます。これにより腕が振りやすくなります。

悪い例

膝を曲げただけの悪い例です。体の後ろ側に体重がかかって、前から押されたらすぐにヨロけそうです。フロコロも浅く、シャンクが出易い状態といえます。

棒立ちはNG

これはさらに極端ですが、ほぼ棒立ち。軸が全くないのでスイングのたびに体の前後どちらかに体重がかかって安定した結果を得られません。

内野手の守備の姿勢をイメージ

野球の経験がある方なら、内野手の守備の姿勢をイメージしても良いでしょう。まさにどこにでも瞬時に飛び出せる姿勢です。これを基準に、腰の位置を徐々に高く上げて、不安定になる手前の高さまで上げたところが、ゴルフの正しい前傾姿勢になります。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

泉谷一雄プロ プロフィール

1966年 山口県生まれ。十数年に渡る豊富なレッスン経験で、スコアメークにつながるスイング作りに定評がある。またツアープロを目指していた事もあり、コースレッスンでは効率的なコース攻略法を伝授してくれる。初心者~上級者までレベルを問わず対応し、個別スイングプログラムを作成するなど独自の上達法を確立。

上達ヒントの宝箱 アクセスランキング

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

mbu事業案内
効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き!
ツアー速報をお届け ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
ゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
リニューアル!予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入OK!
年会費無料の特典付きゴルフカード!
アマチュアナンバー1を決める熱き戦い!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス