レッスン・練習
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

今回のテーマはテークバックに潜んでいたフックの原因を究明!

【新発売】PRGRサイエンスフィット教本、第3弾『スイングの壁を知る、5ステップメソッド』

【新発売】PRGRサイエンスフィット教本、第3弾『スイングの壁を知る、5ステップメソッド』>>

テークバックに潜んでいたフックの原因を究明!

2010/09/15

腰からトップにかけて、うまく右肘がたたまれていません

アドレスから腰の高さまでは、フェースが開く挙動を抑えて、上半身と腕とクラブが一体となって、理想的なシャットフェースのテークバックできています。しかし、腰の高さからトップにかけて、右肘をうまくたたんでおらず、シャット度合いを必要以上に強めているんです。それをダウンスイングでとても器用に開いて、スクエアに戻して、今のスイングに至ったようですね。

グリップが体に近すぎます!

右肘がうまくたためない原因として、まず挙げられるのは、グリップと体の距離。体にくっつくほどのグリップで、目の位置よりもグリップが内側に入ってしまっています。グリップが体に密着しているので、腰の高さまでは、上半身・腕・クラブとの一体感を持ってテークバックできるでしょう。しかし、あまりにもグリップが体に近いため、トップに向かってクラブが垂直に立った状態になり、フェースが必要以上に閉じてしまうのです。

体とグリップの距離は拳一つ半くらいに

腰を入れて前傾したとき、重力に任せて、真下にぶら下がった状態が、腕の位置の理想です。正しく前傾して、だらんと腕を垂らせば、体とグリップの距離はだいたい拳一つ半くらいになります。それよりも近くなると、ハンドダウンが過剰になり、つま先上がりのライから打っているような状態になって、当然フェースも閉じてしまいます。グリップと体を離して、まず懐に余裕を持たせてください。

腰の高さからはグリップエンドが飛球線を指すこと

グリップと体を離して、懐に余裕ができれば、問題の根っこは解消します。しかし、これまでとても器用に、閉じたフェースを開いてきたので、その癖を直すのが厄介なところ。これまで通り、腰の高さまでシャットフェースを保ったら、グリップエンドが飛球線(ターゲットとボールを通る直線)を指す状態を意識して、右肘をたたんでください。これで、理想のプレーンから外れることなくトップに至ります。

右肘をたたむ練習・その1

テークバックでクラブが垂直に立って、切り返しからクラブが寝るように降りてくる。こうした癖は、実はツアープロでも時折、見かけられます。しかし、上げた軌道に重なるように降ろせば、ダウンスイングで余計な動きがなくなり、より安定したスイングになることは明らか。右肘と右足をゴムで結んだスイングは、正しいプレーンをキープして、右肘をうまくたたむ練習になりますよ。

右肘をたたむ練習・その2

写真のようにクラブを2本持ったり、長い棒でスイングの練習をするのも良いでしょう。腰の高さから上では、グリップエンドが飛球線方向を指しているかどうかを、チェックしながら、右肘を正しくたたむ感じを掴んでください。

フェースの向きがプラス方向に改善!
おすすめ記事通知を受け取る

北山さん プロフィール

「左に出て、さらに左へ。フックやチーピンが止まりません。体が止まって、手が早く返るからフックするんだと、自己分析をして、スライス気味に入るよう、体を目一杯使って振り切るように意識してはいるんです。でも、自分ではなかなか解決できません…」

サイエンスフィット

サイエンスフィット
数回ショットするだけで、スイングが診断できる最新鋭システム・・・それがサイエンスフィットだ。これまでの機器と違うのは、特にリアルタイム計測が困難だったインパクト時のフェースの入射角やフェースアングル、ボールの回転数などなど、スイングに関する貴重なデータが一瞬で分かること。悪い癖はもちろんのこと、「リストターン系」や「ボディターン系」といったスイングタイプも判別可能。自分本来のスイングを知り、個々に相応しい技術を身につける上で、トッププロからも熱い視線を集めるマシンとなっている。

宮川まもる

宮川まもる

PRGRの事業戦略室 室長にして日本プロゴルフ協会会員のティーチングプロであり、サイエンスフィットを操る名ドクター。トッププロからアベレージゴルファーまで、1年間で800人以上のスイングを分析。サイエンスフィットが弾き出す大量のデータから即座に原因を見抜き、悩めるゴルファーに的確な診断とレッスンを実施している。

■サイエンスフィットの詳細/お申込みは下記までご連絡ください。
PRGR GINZA EX』【電話】0120-562-270
PRGR AKASAKA』 【電話】 0120-562-250
PRGR GINZA』 【電話】 03-5565-8610
PRGR TOKYO-HUB』 【電話】 03-5982-8809
PRGR NAGOYA』 【電話】 0120-562-199
『コナミスポーツクラブ目黒』 【電話】 03-5719-9572(ゴルフ受付専用)
『コナミスポーツクラブ横浜』 【電話】 045-290-5572(ゴルフ受付専用)
『コナミスポーツクラブグランサイズ大阪』 【電話】 06-6341-0573
『コナミスポーツクラブ福岡香椎』 【電話】 092-663-8573



PRGRチャンネル

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き
ゴルフ工房
ゴルフ工房で職人の技をあなたの14本に
ツアー速報をお届け
ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
ゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入OK
年会費無料の特典付きゴルフカード!
アマチュアナンバー1を決める熱き戦い!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
やってみよう!フットゴルフナビ
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス