レッスン・練習
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

今回のテーマは15年間で染み付いた悪癖を打破する意識改革!!

【新発売】PRGRサイエンスフィット教本、第3弾『スイングの壁を知る、5ステップメソッド』

【新発売】PRGRサイエンスフィット教本、第3弾『スイングの壁を知る、5ステップメソッド』>>

15年間で染み付いた悪癖を打破する意識改革!!

2012/05/16

まずはもちろんアドレスの改善から!

外からクラブが入ってしまう人は、まずアドレスの狂いが真っ先に疑うべきポイントです。スイングの軌道は、肩のラインに従うということを忘れないでください。つまり、外から降りているということは、そもそもアドレスで肩のラインが大きく開いてしまっていることが多いんです。肩が開く一番の原因は、右肘を真っ直ぐに突っ張ってしまうこと。そうなると、右手の方が体から遠くを握っているのですから、肩はどうしても開かざるを得ませんよね。

右手は下から添えるように

肩のラインをターゲットラインと平行に保ったまま、グリップしてみましょう。左肘は真っ直ぐ伸ばした状態に対して、右肘は軽く折り曲げていないと、肩のラインを平行に保てませんよね。左のグリップは2つのナックルが見えるくらいが理想的なので、手のひらがやや下向きになります。これに対して、右のグリップは左の手のひらと向き合うように握るようにしたいので、下から握る感じになります。右手の前腕が上を向き、右肘が軽く曲げられて、右腰を指すような腕の形を、まずは身に付けてください。

真っ直ぐ引くと外に上がってしまいます!

テークバックで30~40センチくらい、ヘッドを真っ直ぐ引くことを意識しているとのことですが、これも外から降りてしまう要因です。ヘッドを真っ直ぐに引こうとすると、実は手元が体から離れてしまい、外に上がって外から降りるような軌道になってしまうのです。ヘッドを真っ直ぐ引く意識などは一切忘れてください!では、何を意識すればよいのでしょうか?

ヘッドと上体の位置関係を崩さないハーフバック

フルショットでもアプローチでも、スイングの目指すべき理想は、体の正面からクラブを外さないことです。関根さんの場合、まずヘッドを真っ直ぐに引こうとしていたため、グリップは体から離れる上に、ヘッドがいきなり体の正面から外れてしまっていたんですね。口で言うのは簡単ですが、正面を外さないようにテークバックするのは難しい。でも、両脇に何かを挟んでスイングすれば、意識しなくても自然にグリップがおへそを向いた状態をキープし、上体とクラブヘッドが同調して動くことが体感できますよ。

ハーフスイングを徹底練習してください

両脇にものを挟んでスイングすると、今までとはまったくイメージが違うことに、とても違和感を感じるものです。しかし、それに慣れることが、15年間染み付いた悪癖を打破する要。両脇にものをを挟んで、9時から3時までのハーフショットを徹底練習してください。あれこれ考えなくても、クラブは自然にインサイドに上がり、終始クラブヘッドはアドレス時と同様、体の正面に保たれます。これで、ボールを真っ直ぐ打つ練習を重ねましょう。

テークバックをさらにブラッシュアップ

前腕にボールを挟むと、球を打つことがもう少し難しくなります。挟んだボールが落ちないようにスイングすると、自ずとクラブが体の正面にキープされて、これまでボールを捉えてきた感覚とはまったく違うイメージになるからです。この練習も、まずはハーフショットから始めて、徐々に振り幅を大きくしていきましょう。慣れてくれば、ボールを挟んだままでもしっかりフルショットできるようになります。

Vゾーンの中を降りてきた!
おすすめ記事通知を受け取る

関根さん プロフィール

「テークバックで30~40センチ、ヘッドを真っ直ぐに引くとか、腰まで上げたところでコックを始めるとか、ダウンスイングで手が体の近くを通るように降ろすとか、いろいろと意識しています。でも、どうしてもクラブが外から降りてしまうようで、スライスから抜け出せません。アイアンはシャンクもあるし、アプローチも苦手です…」

サイエンスフィット

サイエンスフィット
数回ショットするだけで、スイングが診断できる最新鋭システム・・・それがサイエンスフィットだ。これまでの機器と違うのは、特にリアルタイム計測が困難だったインパクト時のフェースの入射角やフェースアングル、ボールの回転数などなど、スイングに関する貴重なデータが一瞬で分かること。悪い癖はもちろんのこと、「リストターン系」や「ボディターン系」といったスイングタイプも判別可能。自分本来のスイングを知り、個々に相応しい技術を身につける上で、トッププロからも熱い視線を集めるマシンとなっている。

宮川まもる

宮川まもる

PRGRの事業戦略室 室長にして日本プロゴルフ協会会員のティーチングプロであり、サイエンスフィットを操る名ドクター。矢野東原江里菜といったトッププロからアベレージゴルファーまで、1年間で800人以上のスイングを分析。サイエンスフィットが弾き出す大量のデータから即座に原因を見抜き、悩めるゴルファーに的確な診断とレッスンを実施している。

■サイエンスフィットの詳細/お申込みは下記までご連絡ください。
PRGR GINZA EX』【電話】0120-562-270
PRGR AKASAKA』 【電話】 0120-562-250
PRGR GINZA』 【電話】 03-5565-8610
PRGR TOKYO-HUB』 【電話】 03-5982-8809
PRGR NAGOYA』 【電話】 0120-562-199
『コナミスポーツクラブ目黒』 【電話】 03-5719-9572(ゴルフ受付専用)
『コナミスポーツクラブ横浜』 【電話】 045-290-5572(ゴルフ受付専用)
『コナミスポーツクラブグランサイズ大阪』 【電話】 06-6341-0573
『コナミスポーツクラブ福岡香椎』 【電話】 092-663-8573



PRGRチャンネル

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き
ゴルフ工房
ゴルフ工房で職人の技をあなたの14本に
ツアー速報をお届け
ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
ゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入OK
年会費無料の特典付きゴルフカード!
アマチュアナンバー1を決める熱き戦い!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス