レッスン・練習
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

今回のテーマは球が上がり過ぎる原因を究明!

【新発売】PRGRサイエンスフィット教本、第3弾『スイングの壁を知る、5ステップメソッド』

【新発売】PRGRサイエンスフィット教本、第3弾『スイングの壁を知る、5ステップメソッド』>>

球が上がり過ぎる原因を究明!

軸が左右に大きくブレています・・・

アッパー軌道の数字的には問題ないのですが、注目したいのは、その軌道が不安定であること。上下の進入角がブレるのは、スイングで軸が大きくブレていることが原因です。実際、テークバックで軸が大きく右にズレていて、ダウンスイングで左に戻りきらないので、インパクトですくい上げ、ロフトが大きく寝てしまうような状態です。ダウンスイングでズレた軸を戻す調整が必要なスイングなので、上下の進入角が不安定になってしまうのです。(右写真は矢野東プロ)

過剰な腰の回転に注目!

スイングの軸を保つように意識するといっても、実際はなかなかうまくいかないものです。軸自体をキープする意識ではうまく直せないのです。意識すべきは右膝の角度をキープすること。菅原さんの場合、トップではベルトのバックルが、飛球線の反対方向に向くほど回ってしまっています。これは、右膝の角度が伸びて腰が大きく回っているからなんです。そうすると、体全体も右サイドに流れ、その結果、テークバックで軸が右に大きくズレてしまうんです。

右のカカトに柔らかいものを置く練習

回り過ぎてしまう腰を改善するには、右のカカトの下に柔らかいものを置いたスイング練習が非常に効果的です。バランスディスクなどを、右カカトの下に置いて振ってみてください。いつものように、テークバックで右膝を伸ばそうとすると、バランスを大きく崩しそうになりますよね。自ずとバランスが崩れない範囲でテークバックするようになります。そうすると、自然に右足が踏ん張り、右膝の角度を変えないようになってくるんです。この感覚をしっかりと覚えてください。

両方のカカトにバランスディスクを置いてスイング

ここまでしなくても良いのですが、下半身をしっかりと踏ん張ることの重要性を自覚するために、両方のカカトにバランスディスクを置いて振ってみてください。下半身を踏ん張っていないとバランスを保つのがもっと難しくなりますよね。プロの中には、カカトだけではなく、完全にディスクの上に乗って、練習する方もいますよ。両方のカカトが柔らかくて不安定だと、さらにバランスを崩さないよう振らなければならないので、軸の左右へのブレはほとんど解消されます。

8時までは腕とシャフトの角度をキープ

さて、今度はハーフバックでインサイドに引かない方法についてです。菅原さんもそこを意識しているとのことですが、それでもシャフトラインの下に上がっていますよ。上体と腕が一体になって上がることが肝心ですが、人によってはそれを意識しすぎると、クラブが寝て、インサイドに引き過ぎてしまう危険もあります。テークバックの8時くらいまで、腕とクラブの角度をキープすることを心がけましょう。

左手とクラブの角度を保つ練習

このように右手でクラブを持って、アドレス時の腕とクラブの角度を作っておきます。左手はもう1本別のクラブを握り、左手だけで8時くらいまでテークバックしてください。このとき、右手で作った腕とクラブの角度と変わらないようにするのがコツです。腕とクラブの角度が浅くなってしまうと、インサイドに入ってしまいます。このように8時までは、腕とクラブの角度をキープ。そこからは、あまり意識しなくても、自然に正しいプレーンに乗ってくるようになります。

軸が安定してすくい上げる動きが軽減!
おすすめ記事通知を受け取る

菅原さん プロフィール

「ダウンスイングをインサイドから来るように意識して、フェードだった球筋をドローに直しているところです。でも、疲れてくるとどうしてもボールが掴まらなくなるし、弾道が高くなってランが出ません。最近、意識していることは、テークバックでインサイドに引かないようにすることと、トップでオーバースイングにならないことですが、スイングの根本的な問題を改善したいですね」

サイエンスフィット

サイエンスフィット
数回ショットするだけで、スイングが診断できる最新鋭システム・・・それがサイエンスフィットだ。これまでの機器と違うのは、特にリアルタイム計測が困難だったインパクト時のフェースの入射角やフェースアングル、ボールの回転数などなど、スイングに関する貴重なデータが一瞬で分かること。悪い癖はもちろんのこと、「リストターン系」や「ボディターン系」といったスイングタイプも判別可能。自分本来のスイングを知り、個々に相応しい技術を身につける上で、トッププロからも熱い視線を集めるマシンとなっている。

宮川まもる

宮川まもる

PRGRの事業戦略室 室長にして日本プロゴルフ協会会員のティーチングプロであり、サイエンスフィットを操る名ドクター。トッププロからアベレージゴルファーまで、1年間で800人以上のスイングを分析。サイエンスフィットが弾き出す大量のデータから即座に原因を見抜き、悩めるゴルファーに的確な診断とレッスンを実施している。

■サイエンスフィットの詳細/お申込みは下記までご連絡ください。
PRGR GINZA EX』【電話】0120-562-270
PRGR AKASAKA』 【電話】 0120-562-250
PRGR GINZA』 【電話】 03-5565-8610
PRGR TOKYO-HUB』 【電話】 03-5982-8809
PRGR NAGOYA』 【電話】 0120-562-199
『コナミスポーツクラブ目黒』 【電話】 03-5719-9572(ゴルフ受付専用)
『コナミスポーツクラブ横浜』 【電話】 045-290-5572(ゴルフ受付専用)
『コナミスポーツクラブグランサイズ大阪』 【電話】 06-6341-0573
『コナミスポーツクラブ福岡香椎』 【電話】 092-663-8573



PRGRチャンネル

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き
ゴルフ工房
ゴルフ工房で職人の技をあなたの14本に
ツアー速報をお届け
ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
ゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入OK
年会費無料の特典付きゴルフカード!
アマチュアナンバー1を決める熱き戦い!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
やってみよう!フットゴルフナビ
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス