レッスン・練習
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

今回のテーマは長尺で飛距離激増レッスン(3)

【新発売】PRGRサイエンスフィット教本、第3弾『スイングの壁を知る、5ステップメソッド』

【新発売】PRGRサイエンスフィット教本、第3弾『スイングの壁を知る、5ステップメソッド』>>

長尺で飛距離激増レッスン(3)

今までの癖が出ることがありますね

加賀谷さんは、ボディターンタイプにも関わらず、フェースの開閉を使い、リストターンで球を掴まえようとしていました。その結果、インパクトでフェースを真っ直ぐに戻せずにいました。これまでのレッスンで、その癖を正す大前提を学びましたが、まだ、こうした癖が散見されます。基本を頭で理解したなら、あとはそれを磨くためのドリルに、集中的に取り組むことが肝心です!

長尺に苦手意識がある人は・・・

サイエンスフィットの分析によれば、長尺ドライバーに苦手意識のある人は2つの特徴があります。一つは、胸の回転が不十分なため、手上げが強まって、タテ振りになること。もう一つは、フェースの開閉が大きいこと。テークバックで大きくフェースが開き、インパクトで戻せない状態です。たいていは、この2つが複合しているケースが多く、そんな人は長尺ドライバーのポテンシャルを最大限に引き出しにくくなりますし、逆に、苦手意識を持ってしまう場合もあります。

2本のクラブを平行に上げるドリル

大前提としては、初回にレクチャーした、シャットフェースを一定に保つグリップを守ること。その上で、テークバックでは徹底してフェースを開かせないようにすることが肝心です。そのために、このように2本のクラブを持って、アドレスからトップまで、2つのクラブが交差せず、平行な状態を保ったまま上げる練習をしましょう。もしクラブが交差すれば、腕をこねて、フェースの開閉が生じている証拠です。

前腕にボールを挟んだスイング

腕をこねているかどうかは、前腕にボールを挟んで打つことでも分かります。直径20センチ程度のゴムボールでOK。パーフェクト・ローテーション・ミドルという専用器具もあります。腕をこねて、フェースの開閉が大きい人は、ボールを挟んだ状態では、なかなかうまく打つことができません。ボールを落とさないようにしてスイングの練習をすると、腕と胸を一体にして上げるコツを掴めることはもちろん、フェースが開かない理想的なトップの形を身に付けることができます。

右手1本でトップへ

ハーフバックまでにフェースを開かない、胸と腕の一体化したテークバックができれば、トップも自然に改善されてきますが、トップで右肘が浮いてしまう癖のある人はこのドリル。右手一本でトップまで持っていき、その状態から、左手をグリップします。そうすると、右の前腕が地面と垂直になる、理想的なトップを覚えることができます。

ボディターン養成器具

これは、グリップの部分が柔らかく曲がる特殊な練習器具で、ボディターンスイングを磨く効果は絶大です。余計なリストワークを使って、腕をこねてしまえば、すぐにグリップが曲がって、うまく打つことができません。腕と胸を一体に振ることを意識して、グリップを終始曲げてしまわないように振るのがコツ。自然に理想的なボディターンを身に付けることができます。写真は、リズムドクターという器具を使用しています。

なんと飛距離が36ヤードアップ!
おすすめ記事通知を受け取る

加賀谷さん プロフィール

「最初に、自分が完全なるボディターンタイプであることを、データ的に自覚でき、迷いなくレッスンを受け入れることができたことも大きいですね。スイングがシンプルになったと思うし、今まで、自分のタイプに合わないことをやって、スイングを難しくしていたと反省しています。今回、長尺ドライバーにトライするわけですが、パワーロスをなくしただけでも、大きな飛距離アップができたし、あとは慣れていくだけだと思います。今回は長尺を安定して振るための、日々の練習法などを知りたいですね」

サイエンスフィット

サイエンスフィット
数回ショットするだけで、スイングが診断できる最新鋭システム・・・それがサイエンスフィットだ。これまでの機器と違うのは、特にリアルタイム計測が困難だったインパクト時のフェースの入射角やフェースアングル、ボールの回転数などなど、スイングに関する貴重なデータが一瞬で分かること。悪い癖はもちろんのこと、「リストターン系」や「ボディターン系」といったスイングタイプも判別可能。自分本来のスイングを知り、個々に相応しい技術を身につける上で、トッププロからも熱い視線を集めるマシンとなっている。

宮川まもる

宮川まもる

PRGRの事業戦略室 室長にして日本プロゴルフ協会会員のティーチングプロであり、サイエンスフィットを操る名ドクター。トッププロからアベレージゴルファーまで、1年間で800人以上のスイングを分析。サイエンスフィットが弾き出す大量のデータから即座に原因を見抜き、悩めるゴルファーに的確な診断とレッスンを実施している。

■サイエンスフィットの詳細/お申込みは下記までご連絡ください。
PRGR GINZA EX』【電話】0120-562-270
PRGR AKASAKA』 【電話】 0120-562-250
PRGR GINZA』 【電話】 03-5565-8610
PRGR TOKYO-HUB』 【電話】 03-5982-8809
PRGR NAGOYA』 【電話】 0120-562-199
『コナミスポーツクラブ目黒』 【電話】 03-5719-9572(ゴルフ受付専用)
『コナミスポーツクラブ横浜』 【電話】 045-290-5572(ゴルフ受付専用)
『コナミスポーツクラブグランサイズ大阪』 【電話】 06-6341-0573
『コナミスポーツクラブ福岡香椎』 【電話】 092-663-8573



PRGRチャンネル

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き
ゴルフ工房
ゴルフ工房で職人の技をあなたの14本に
ツアー速報をお届け
ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
ゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入OK
年会費無料の特典付きゴルフカード!
アマチュアナンバー1を決める熱き戦い!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
やってみよう!フットゴルフナビ
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス