レッスン・練習
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

今回のテーマは速いのに飛ばないワケ

【新発売】PRGRサイエンスフィット教本、第3弾『スイングの壁を知る、5ステップメソッド』

【新発売】PRGRサイエンスフィット教本、第3弾『スイングの壁を知る、5ステップメソッド』>>

速いのに飛ばないワケ

2013/10/16

トップでのフェースの向きがインパクトを物語る

ハーフバックで大きく開く人、トップ間際で開く人など、フェースが開く状況は様々ですが、トップでのフェースの向きを見れば、最終的にどの程度開いているのかが、明確に分かりますよ。河本さんのトップを見てみると、フェースが右方向に倒れています。シャットフェースをキープしてボディターンで振る女子プロの場合は、フェースは真上を向いています。これを基準に比較すると、かなりフェースが開いてしまっていることが分かります。

バンカーショットのようなアドレスになっています

では、どの時点でフェースが開いているのか。テークバックの途中で大きく開くケースが多いのですが、河本さんの場合は、アドレスの時点からすでにフェースが開いています。左グリップの様子からはウィークに握っているようには見えませんが、問題は左腕とクラブの角度。左腕とクラブが一直線ではなく、かなり左手首が甲側に折れた状態で、腕とクラブの形が大文字の「Y」字になっています。ハンドレートで、見た目はまるでバンカーショットのようです。

ランニングアプローチのイメージに!

まずは、覚えておきたいのは、ハンドレートに構えればフェースは開き、ハンドファーストにすればクローズになること。今よりも、クローズにするなら、もっとハンドファーストにして、左腕とクラブを一直線にするように。そして、腕とクラブの形が小文字の「y」となるようにセットすることが肝心です。今までがバンカーショットのアドレスなら、もっとフェースを立てて、ランニングアプローチのようなイメージで構えにすることです。

上半身に対するフェースの向きを一定に

ボールにクラブをセットしてからグリップを決めると、多くのアマチュアはグリップの向きがまちまちになり、その都度フェースの向きが変わってしまいます。ハンドレートになりがちな河本さんの場合、そこでグリップを決めるといつもフェースが開いた形で握ってしまうんです。ですから、このように真っ直ぐに立って、クラブを水平に持ち、リーディングエッジと上半身との関係をいつも一定にしてください。上体とリーディングエッジが平行でスクエア。ここでグリップを決めてボールにセットすると、少しクローズになるので、握り直さずにハンドファーストにして、小文字の「y」を作りましょう。

手元が浮いてクラブが寝ています

もう一つの問題は、前傾姿勢の起き上がり。プロはトップでの肘とボールを結んだラインよりも下から下りることはありません。河本さんは、このラインよりも下からダウンスイングしていて、クラブが大きく寝て、インサイドアウトが過剰になっています。下から入るのは、手元が浮いているからで、もっと原因を突き詰めると、アドレスの前傾姿勢が悪いと言えます。

股関節で前傾を!

最近のサイエンスフィットの分析では、アマチュアのなんと7割以上がカカト体重のアドレスになっていることが分かりました。カカト体重の人は、肩から垂直に下した線が、つま先の内側になっています。河本さんも同様。ポイントは膝や背中で前傾姿勢を作るのではなく、足の付け根の股関節で前傾することです。真っ直ぐに立って、軽く膝を曲げて腰を真下に落とした後、股関節から前傾するようにしてください。そうすると、肩の真下は、つま先の辺りかやや前方になり、今までよりも少し前のめり気味な感じになります。最初からこの姿勢であれば、お尻が前方に出ず、手元が浮かなくなります。

44m/sで250ヤード以上!
おすすめ記事通知を受け取る

河本さん プロフィール

「ドライバーは飛ぶときは飛びますが、安定しませんね。基本的にスライスで失速するケースが多いんです。バトミントンをやっていたので、どうしてもスナップを使いすぎてしまい、スライスが出るからといって、小手先で掴まえようとすると、今度は引っかけが出始めてしまいます。この不安定なドライバーを改善して、早く100を切りたいですね」

サイエンスフィット

サイエンスフィット
数回ショットするだけで、スイングが診断できる最新鋭システム・・・それがサイエンスフィットだ。これまでの機器と違うのは、特にリアルタイム計測が困難だったインパクト時のフェースの入射角やフェースアングル、ボールの回転数などなど、スイングに関する貴重なデータが一瞬で分かること。悪い癖はもちろんのこと、「リストターン系」や「ボディターン系」といったスイングタイプも判別可能。自分本来のスイングを知り、個々に相応しい技術を身につける上で、トッププロからも熱い視線を集めるマシンとなっている。

宮川まもる

宮川まもる

PRGRの事業戦略室 室長にして日本プロゴルフ協会会員のティーチングプロであり、サイエンスフィットを操る名ドクター。矢野東原江里菜といったトッププロからアベレージゴルファーまで、1年間で800人以上のスイングを分析。サイエンスフィットが弾き出す大量のデータから即座に原因を見抜き、悩めるゴルファーに的確な診断とレッスンを実施している。

■サイエンスフィットの詳細/お申込みは下記までご連絡ください。
PRGR GINZA EX』【電話】0120-562-270
PRGR AKASAKA』 【電話】 0120-562-250
PRGR GINZA』 【電話】 03-5565-8610
PRGR TOKYO-HUB』 【電話】 03-5982-8809
PRGR NAGOYA』 【電話】 0120-562-199
『コナミスポーツクラブ目黒』 【電話】 03-5719-9572(ゴルフ受付専用)
『コナミスポーツクラブ横浜』 【電話】 045-290-5572(ゴルフ受付専用)
『コナミスポーツクラブグランサイズ大阪』 【電話】 06-6341-0573
『コナミスポーツクラブ福岡香椎』 【電話】 092-663-8573



PRGRチャンネル

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き
ゴルフ工房
ゴルフ工房で職人の技をあなたの14本に
ツアー速報をお届け
ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
ゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入OK
年会費無料の特典付きゴルフカード!
アマチュアナンバー1を決める熱き戦い!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス