レッスン・練習
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

今回のテーマは実戦で生きるグリップルーティン!

【新発売】PRGRサイエンスフィット教本、第3弾『スイングの壁を知る、5ステップメソッド』

【新発売】PRGRサイエンスフィット教本、第3弾『スイングの壁を知る、5ステップメソッド』>>

実戦で生きるグリップルーティン!

ソールしてからグリップを決めると・・・

いつも同じように握っているつもりでも、コースでは大きく乱れてしまいがちなのがフェースの向きなんです。いつもどおりグリップを決めて、クラブを体の正面に上げて確認してみてください。西田さんの場合は、グリップを決めた時点でオープンフェースになっているんですね。ウッドではクラブの座りに合わせて、グリップすると、オープンフェースになりがちです。ハンドレートになっていれば、その開き具合は強まるし、ハンドファーストでグリップを決めると、逆にクローズになります。毎回フェースの向きが一定していないんですね。

ソールする前にグリップを決めてしまうこと

練習量の多いプロは、ソールしながらグリップを決めても、毎回フェースの向きを一定に保てます。しかし、アマチュアの場合、手元の位置やライにも影響されるヘッドの座りによって、グリップした時点で、毎回フェースの向きがバラバラになってしまうものです。ですから、ソールするまえに、いつも同じようにグリップを決めてしまうことに、実戦では特に細心の注意を払うべきなのです。

グリップを決める最善のルーティン

スタジオのレッスンでも、頻繁にオススメしている方法ですし、当連載でも何度もご紹介している方法ですが、これをコースでも毎回実践することで、コースで乱れがちな一つの大きな不安定要素を一掃できます。このように水平にクラブを持って、上体に対するフェースの向きをそろえてからグリップを決めるのです。西田さんの場合は、フェースが開きがちなので、上体に対してややクローズに。こうして左グリップを決めたら、右手を左手側にスライドさせれば、グリップは完成です。

水平にしてグリップを決めるメリット

クラブが水平にあるポジションというのは、ハーフバックの状態であり、ハーフダウンの状態でもあります。この水平のポジションで、フェースが前傾姿勢に平行であればスクエアとなります。ならば、毎回このポジションでフェースの向きとグリップを決めてしまえば分かりやすいし、グリップとフェースの関係が狂うことはありません。ライによって変わるヘッドの座り、ハンドファーストやハンドレートといった手のポジションにも影響されることはなく、グリップに対するフェースの向きは毎回一定に保たれます。

ハーフバックや方向取りの意識が改善

クラブを水平にしてグリップを決めると、ハーフバックのポジションも良くなってきます。ハーフバックのポジションとフェースの向きを想定して、グリップを決めるので、ハーフバックの正しいポジションを無意識に再確認できるからです。また、水平にしたクラブの向きが、方向取りの意識にも一役買います。水平にしたクラブにスタンスや肩のラインを揃えれば、右を嫌がってスタンスや肩だけ左に逃げたりと、ちぐはぐになってしまうことも少なくなるのです。

握り直さずハンドファーストに

西田さんの場合、水平のポジションで、上体よりややクローズにグリップを決めたら、ヘッドをボールにセットするときに、フェースがかぶる形になると思います。これまで、少しハンドレート気味に構えていたからです。そこで、グリップを握り直さずに、ハンドファーストにすれば、セットアップは完成。その際、肩が開いてしまうことがあるので、肩は開かずに保ったまま、ハンドファーストにするよう気を付けましょう。アプローチのミスは、オープンフェースでさらに余計にすくい上げていることが原因。ボールの下の芝ごとさらって、低く飛ばすつもりで振ってみてください。

強く転がる弾道に!
おすすめ記事通知を受け取る

西田さん プロフィール

「ドライバーは右に出ることが多く、大きくスライスすることはないのですが、それでも右に曲がってあまりランが出ません。アイアンは番手ごとの飛距離に差がないときがあって、番手をチョイスした結果が出ていない感じですね。アプローチは右に出たり、トップしたり、だるま落としになったりと何でもあり。こんな私がコースで特に気をつけることはなんでしょうか?」

サイエンスフィット

サイエンスフィット
数回ショットするだけで、スイングが診断できる最新鋭システム・・・それがサイエンスフィットだ。これまでの機器と違うのは、特にリアルタイム計測が困難だったインパクト時のフェースの入射角やフェースアングル、ボールの回転数などなど、スイングに関する貴重なデータが一瞬で分かること。悪い癖はもちろんのこと、「リストターン系」や「ボディターン系」といったスイングタイプも判別可能。自分本来のスイングを知り、個々に相応しい技術を身につける上で、トッププロからも熱い視線を集めるマシンとなっている。

宮川まもる

宮川まもる

PRGRの事業戦略室 室長にして日本プロゴルフ協会会員のティーチングプロであり、サイエンスフィットを操る名ドクター。矢野東原江里菜といったトッププロからアベレージゴルファーまで、1年間で800人以上のスイングを分析。サイエンスフィットが弾き出す大量のデータから即座に原因を見抜き、悩めるゴルファーに的確な診断とレッスンを実施している。

■サイエンスフィットの詳細/お申込みは下記までご連絡ください。
PRGR GINZA EX』【電話】0120-562-270
PRGR AKASAKA』 【電話】 0120-562-250
PRGR GINZA』 【電話】 03-5565-8610
PRGR TOKYO-HUB』 【電話】 03-5982-8809
PRGR NAGOYA』 【電話】 0120-562-199
『コナミスポーツクラブ目黒』 【電話】 03-5719-9572(ゴルフ受付専用)
『コナミスポーツクラブ横浜』 【電話】 045-290-5572(ゴルフ受付専用)
『コナミスポーツクラブグランサイズ大阪』 【電話】 06-6341-0573
『コナミスポーツクラブ福岡香椎』 【電話】 092-663-8573



PRGRチャンネル

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き
ゴルフ工房
ゴルフ工房で職人の技をあなたの14本に
ツアー速報をお届け
ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
ゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入OK
年会費無料の特典付きゴルフカード!
アマチュアナンバー1を決める熱き戦い!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス