ギア情報
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

ブリヂストン ツアーステージ X-DRIVE GRドライバー(2009年モデル)

打ってみると?

試打クラブは表示ロフト10.5度の純正シャフト(ツアーデザインB09-03W)。長さは45.75インチで重さが305.7gでバランスがD1.5。前作に比べると1インチ長くなって、約10グラム軽量化されている。アスリート向けドライバーの中ではやや長めで軽めだ。長尺効果でヘッドスピードを上げてやろうという意図を強く感じる。硬さの目安となる振動数は230cpm。こちらもアスリート向けドライバーにしてはかなり軟らかめの設定。ワッグルすると手元側よりも中間部分のしなりを感じやすい。リアルロフトは11.75度とこちらもやや多めだ。

まずはシャフトに合わせて軽めにスイングしてみると・・・「パチーン」と乾いた金属音で手に心地良い感触が残る。弾道は、高弾道でキャリー重視のタイプ。ことさら低重心という感じはなく、フェースセンターで球を捕らえるとスピン量は2800~3000回転前後。打点を色々変えて打ってみると・・・フェースのトウ寄り、やや上側で捕らえると、打出し角度が16度前後で、スピン量が2400~2600回転前後となって、キャリーとランのバランスが良くなってきた。

そして、印象に残ったのが球筋の安定感。長尺仕様になっているが、ヘッドとシャフトのバランスが良いのだろう。フェースの向き、打点位置がブレにくい。スクエアにフェース中央付近で球を捕らえられるので、左右の曲がりを抑えられる。メーカーの意図通り、球筋を打ち分けようとするよりも、オートマチックにフェアウェイに運べる球を打っていきやすい。シャフトはトルクがやや多めなので、微妙な挙動をコントロールするのが難しいが、反面、遊びが多いのでミスの許容範囲が広い。トウで捕らえると「ブルッ」とシャフトとヘッドがねじれるが、飛んでいく球がねじれにくいのも好印象。X-DRIVEと名前が付いているが、アベレージゴルファーに扱いやすく仕上がっている。

クラブを計測してみると?
ブリヂストン
アベレージゴルファーにも対応した上級者ブランド
発売日:2008/12/05 オープンプライス

あなたにおすすめ

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

ギア&アイテム

ギアカタログ ゴルフクラブの画像、スペック、クチコミを網羅
新製品レポート GDO編集員が注目の最新ゴルフクラブを試打レポート
クラブ試打 三者三様 注目の最新クラブをヘッドスピードが異なる3人の有識者が試打評価
中古ギア情報 中古市場やツアープロの流行りから気になる一本をピックアップ
ツアーギアトレンド ツアーで見つけた最新ギアすっぱ抜き
優勝セッティング トーナメント優勝者のクラブセッティング
ギアニュース ゴルフギアに関する最新ニュース
ギアトピック ゴルフギアに関する旬な話題をピックアップ

今週の記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き
ゴルフ工房
ゴルフ工房で職人の技をあなたの14本に
ツアー速報をお届け
ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
ゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入OK
年会費無料の特典付きゴルフカード!
アマチュアナンバー1を決める熱き戦い!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
やってみよう!フットゴルフナビ
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス