ギア情報
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

今回のテーマはクリーブランド ランチャー スーパーライト290 ドライバー

クリーブランド ランチャー スーパーライト290 ドライバー

打ってみると?

試打クラブはロフト9度。シャフトはメーカー純正の「アクションライト5.0」。フレックスはS。スペックを計測してみると、9度表示でリアルロフトが11.75度。見た目通りロフトはかなり寝ている。フェースアングルは実測+0.5度。見た目よりはフックフェースの度合いが控えめだ。長さは表示、実測とも45.875インチ(ヒールエンド法計測)。クラブ重量は300.7gでバランスはD2.5。

シャフトの硬さの目安となる振動数は254cpm。ワッグルするとシャフト全体が大きめにクニャッとしなる。打ってみると「シュパーン」という中金属音とともにやや高めの弾道。インパクト音が心地良く手に伝わる。打ち出しは高めて低スピン弾道。ヘッドは見た目通り、低重心効果で低スピンの放物線弾道が打ちやすい。いい感じで球をとらえると、スピン量は2400~2700回転。

一方、球筋は見た目ほどではなく、真っ直ぐ打つつもりでスイングしたらストレート弾道になった。フックフェースだが、スライサーへのお助け要素は少ない。重心距離が長いのだろう。インパクトゾーンでヘッドが返りづらく感じる。フックフェースではあるが、ヘッドはスライスを軽減するタイプではない。シャフトは典型的な粘り系。切り返しでシャフト全体がムチのように大きくしなり、ゆったりしなり戻る。ゆったり振るとインパクトゾーンで先端側が鋭くしなり戻り、ヘッドの加速感を味わえる。

リアルロフトが多いが、低スピン弾道が打ちやすく放物線弾道で飛距離を稼げる。スライサーのお助け要素は少ないが、視覚的に強めのフックフェースなことを考えると、フッカーよりもスライサーの方が相性が良いドライバーだ。

クラブを計測してみると?
おすすめ記事通知を受け取る
クリーブランド
「ライト・ウェイト・テクノジー」で軽量化を実現
発売日:2011/03/12 オープンプライス

関連リンク

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

ギア&アイテム

ギアカタログ ゴルフクラブの画像、スペック、クチコミを調べたいなら!
試打インプレッション クラブアナリストのマーク金井氏が人気のゴルフクラブを徹底分析。
新製品レポート GDO編集員が注目のゴルフクラブを試打レポート。
一刀両断 金谷多一郎プロが試打を元にゴルフクラブの性能を徹底検証。
中古ギア情報 中古市場やツアープロの流行りから、気になる中古ゴルフクラブをピックアップ。
シャフトでこんなに変わるんだ! シャフトに悩む被験者を立てて、シャフトフィッティングの仕方を伝授。
いきつけのゴルフ工房を見つけて職人の技をあなたの14本に

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き
ゴルフ工房
ゴルフ工房で職人の技をあなたの14本に
ツアー速報をお届け
ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
ゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入OK
年会費無料の特典付きゴルフカード!
アマチュアナンバー1を決める熱き戦い!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス