レッスン・練習
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

今回のテーマは「ワイドスタンスにすれば飛ぶ」は大間違い!? 押尾紗樹

女子プロ・ゴルフレスキュー

押尾紗樹'sレスキュー
「ワイドスタンスにすれば飛ぶ」は大間違い!? 押尾紗樹

「飛距離アップのためのアドレス」をレスキュー♪

【アマチュアゴルファーTさんの悩み】
「飛ばすためには、やはりワイドスタンスで構えたほうが良いのでしょうか?」

【押尾紗樹のレスキュー回答】
スタンスを広げて体重移動を大きくしたほうが飛距離が伸びると言う人はいますが、私は逆にマイナスと考えています。体の動きよりヘッド軌道を優先させた飛ばしの理論をお伝えします。

1. 体の重心を高く保つ

ワイドスタンスにすると、トップの位置が低くなります。クラブは低い位置よりも、高い位置から落下させたほうが、スピードが速くパワーも大きくなります。体の重心を高くキープし、高い所から落とす勢いを使うべきだと考えます。

2. 前傾角度はなるべくとらない

アドレスでの体勢は、前傾をあまりとらず、自然体で立つことを意識します。スタンス幅は通常ショットとほぼ同じ。前傾をしない状態でクラブを胸の高さに上げ、そのままヘッドを地面に落とすだけ。ひざを曲げたり、前傾を深める必要はありません。

3. ライ角の心配は不要

「前傾が浅いとライ角(クラブをソールしたときに地面とシャフトが成す角度)通りに当たらないのでは?」と心配する人もいますが、ティアップしたボールを打つということは、地面に置かれたボールを打つアイアンとは異なります。ヘッドを浮いた状態でヒットさせる1Wでは、ライ角は影響しないと考えても大丈夫です。

【今回のまとめ】スタンス幅はいつも通りでも飛ぶ♪

・体の重心を高く保つ。
前傾角度はなるべくとらない。
ライ角は考えなくてもOK。

取材協力/こだまゴルフクラブ

押尾紗樹'sレスキュー 記事一覧

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

押尾紗樹(おしお・さき) プロフィール

1993年生まれ、埼玉県出身。7歳からゴルフを始め、2018年から日本プロドラコン協会(JPDA)の大会に参戦。19年はドラコン日本一決定戦のアキュラシードライブ(レディース)で優勝。最長記録は377yd。ドラコンプロの活動を続けつつ、日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)のプロテスト合格も目指している。

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

mbu事業案内
効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き!
ツアー速報をお届け ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
ゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
リニューアル!予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入OK!
年会費無料の特典付きゴルフカード!
アマチュアナンバー1を決める熱き戦い!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス