レッスン・練習
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

今回のテーマは“ショートパットは外さない!” 山村彩恵

女子プロ・ゴルフレスキュー

“ショートパットは外さない!” 山村彩恵

【心得.03】 構えは「片手」でチェック!

「パッティングは、どんな姿勢で構えればよいの?」とよく聞かれることがありますが、人それぞれストロークが安定するポジションは違います。またその日、その時々の状況で、手の感覚も日によって異なります。そこで私がおすすめしているのは、左右の腕それぞれで片手打ちを試すこと。

しっくり来るポジション探し!

両手で構えると、どうしても無理な構えでも安定しようとする意識が働いてしまいます。片手で見つけ出すことこそ、一番の安定感を認識できる近道。シンプルに違和感を察知でき、最適な場所を把握できるので、その日のベストポジションを教えてくれますよ。

【心得.04】 「芯」で捉える!

また、短いパッティングを確実に沈めるには、パターの芯でしっかりとヒットすることが欠かせません。フェースのトゥ側やヒール側でヒットすれば、フェース面が開いたり閉じたりしてしまい、方向性が定まらないからです。確実に芯で捉える練習法としては、フェースに2本の割り箸を貼ってその間でボールを打つトレーニングを試してみてください。

「割り箸」を使ったトレーニング

芯を外せば割り箸に当たり、フェースのどこで捉えていたかをすぐに把握できます。最初は、割り箸の間隔は広めでスタートし、徐々に狭めていきましょう。ボールの大きさと変わらないくらいの狭さで、ボールを前に転がすことができたら、フェースコントロールの技術は確実にアップした証拠です。

【番外】 「ストローク」のみに集中!
おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き
ゴルフ工房
ゴルフ工房で職人の技をあなたの14本に
ツアー速報をお届け
ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
ゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入OK
年会費無料の特典付きゴルフカード!
アマチュアナンバー1を決める熱き戦い!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス