レッスン・練習
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

今回のテーマは50ヤードのアプローチが苦手な原因は?

【新発売】PRGRサイエンスフィット教本、第3弾『スイングの壁を知る、5ステップメソッド』

【新発売】PRGRサイエンスフィット教本、第3弾『スイングの壁を知る、5ステップメソッド』>>

50ヤードのアプローチが苦手な原因は?

2013/03/19

テークバックでシャフトラインの下に上がっています

アプローチのミスを招く最大の原因は、テークバックで大きくインサイドに入ってしまってクラブシャフトが寝てしまうことです。プロの場合、シャフトライン上かそれよりも上にテークバックしますが、藤井さんの場合シャフトラインの下に上がっているんですね。こうしてクラブが寝て上がるので、ダウンスイングも寝て下りてきます。インサイドアウトのフック軌道になり、下から入る度合いが強いとダフりもトップも出てしまいますよ。

スペースができたところにクラブが上がるものです

テークバックやフォローのメカニズムは、腰が回転してスペースができたところにクラブが移動するということ。藤井さんの場合、テークバックで腰が回りすぎてしまうので、どうしてもクラブがインサイドに入ってしまうんですね。テークバックで腰が回り過ぎるのは右膝が伸びているからです。そうすると、腰はどこまでも回ってしまいますよ。

テークバックで右膝の角度をキープしましょう!

注意する点は1つ。テークバックではアドレス時の右膝の角度を変えないように、意識してみてください。右膝が伸びなければ、腰の回転が制限されるので、右サイドに余計なスペースができなくなり、クラブがインサイドに寝てしまうこともなくなります。さらに、スタンスをややオープンにすれば、テークバックの腰の回転をもっと制限することができます。アプローチの距離が短くなるほどスタンスを開くのはこのためなんです。右膝の角度キープとオープンスタンスで、50~60ヤードのアプローチの苦手意識は解消しますよ!

一方、ドライバーショットの問題点は・・・?

ドライバーはフェース角が安定して、非常に巧みにスイングしていると思います。ただし、実はアプローチと同じ問題が見受けられますよ。それは、テークバックで右膝が伸び気味で、腰が大きく回ってしまっていることです。(左写真は矢野プロ)普通、このように上がると、ダウンスイングで左腰が飛球線方向に突き出るように動き、フォローが詰まって引っかけに悩まされるところです。巧みに振っているといったのは、藤井さんの場合、そうならずに腰がその場でしっかり回転できているんですね。フィニッシュでクラブが立たないのがその証拠です。

体重移動の少ないアプローチでフルショットの問題がミスに・・・

フルショットでは、多少下から入っても、強い腰の回転と大きな体重移動で、うまく打てていると思います。しかし、アプローチでは体重移動が少なく腰を強く切れないので、クラブが下から入ってしまうと、ミスをカバーできません。フォローで腰が十分に回転せず、腕が詰まって引っかかりやすくなってしまうんです。テークバックでの腰の開きを制限し、フォローで腕の通り道を確保するため、アプローチではあらかじめスタンスをオープンにするというわけです。

ドライバーからパターまで同じ軌道に揃えてレベルアップ!

好調を維持しているプロは、ドライバーからパッティングまで、インパクト時の左右の進入角度が揃っているものです。ドロー系ならドライバーからアプローチ、パットに至るまで右に出して左に戻るイメージに揃っている方が、マネジメントしやすくなるからです。藤井さんの場合はドライバーはアウトサイドインのフェード系ですが、アプローチはインサイドアウトと揃っていません。右膝キープを心がけて、軌道を揃えれば、まだまだレベルアップできる余地がありますよ。

アプローチのスイングが改善
おすすめ記事通知を受け取る

藤井さん プロフィール

「ドライバーショットは出球が左に出るのが気になっていて、ミスするときはやはりスライスが多いですね。でも、今のところ、一番克服したいのは50~60ヤードのアプローチ。どうしてもフック回転で強く当たってしまい、寄せる感覚を出せないんです。ですから、この距離がなるべく残らないようにマネジメントしている状況ですね…」

サイエンスフィット

サイエンスフィット
数回ショットするだけで、スイングが診断できる最新鋭システム・・・それがサイエンスフィットだ。これまでの機器と違うのは、特にリアルタイム計測が困難だったインパクト時のフェースの入射角やフェースアングル、ボールの回転数などなど、スイングに関する貴重なデータが一瞬で分かること。悪い癖はもちろんのこと、「リストターン系」や「ボディターン系」といったスイングタイプも判別可能。自分本来のスイングを知り、個々に相応しい技術を身につける上で、トッププロからも熱い視線を集めるマシンとなっている。

宮川まもる

宮川まもる

PRGRの事業戦略室 室長にして日本プロゴルフ協会会員のティーチングプロであり、サイエンスフィットを操る名ドクター。トッププロからアベレージゴルファーまで、1年間で800人以上のスイングを分析。サイエンスフィットが弾き出す大量のデータから即座に原因を見抜き、悩めるゴルファーに的確な診断とレッスンを実施している。

■サイエンスフィットの詳細/お申込みは下記までご連絡ください。
PRGR GINZA EX』【電話】0120-562-270
PRGR AKASAKA』 【電話】 0120-562-250
PRGR GINZA』 【電話】 03-5565-8610
PRGR TOKYO-HUB』 【電話】 03-5982-8809
PRGR NAGOYA』 【電話】 0120-562-199
『コナミスポーツクラブ目黒』 【電話】 03-5719-9572(ゴルフ受付専用)
『コナミスポーツクラブ横浜』 【電話】 045-290-5572(ゴルフ受付専用)
『コナミスポーツクラブグランサイズ大阪』 【電話】 06-6341-0573
『コナミスポーツクラブ福岡香椎』 【電話】 092-663-8573



PRGRチャンネル

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き
ゴルフ工房
ゴルフ工房で職人の技をあなたの14本に
ツアー速報をお届け
ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
ゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入OK
年会費無料の特典付きゴルフカード!
アマチュアナンバー1を決める熱き戦い!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
やってみよう!フットゴルフナビ
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス