レッスン・練習
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

今回のテーマは隠れアウトサイドインを改善!

【新発売】PRGRサイエンスフィット教本、第3弾『スイングの壁を知る、5ステップメソッド』

【新発売】PRGRサイエンスフィット教本、第3弾『スイングの壁を知る、5ステップメソッド』>>

隠れアウトサイドインを改善!

2014/05/21

インパクトのフェース角は1度弱ですが・・・

インパクトの瞬間のフェース角を見ると、1度弱程度。フェースの開きは問題ないように見えるのですが、これは飛球線に対しての開きです。スイングの軌道は約4度のアウトサイドインなので、この軌道に対しては約5度もフェースが開いているということなんです。テークバックで開いたフェースを、リストワークで巧みに戻してインパクトできていますが、磁気センサーで計測すると、橋本さんは明らかにボディターンタイプ。つまり、フェースの開閉をできるだけ抑えて、体の回転で振ることに徹した方が、うまく振れるタイプなのです。

リストターンタイプのプロと比較

リストターンタイプのプロ(写真右、矢野東プロ)のフォローを見てみると、腰が完全に開く前に、グリップが体を追い越して、完全にグリップエンドがこちらを向いていますよね。これが、リストワークを使った球の捕まえ方。一方、橋本さんは、フォローで腰が大きく飛球線方向に向かっていて、腰の回転を積極的に使う、ボディターンタイプのスイング。こうした人が、リストワークでフェースの開閉を使おうとすると、フェースを戻しきれずにオープンフェースのインパクトに陥ってしまいます。つまり、フェースを終始開閉させないことが、ボディターンタイプの人の注意すべきポイントなんです。

テークバックでずいぶんフェースが開いています

フェースを終始開閉させないということは、まず、テークバックでフェースを開かないこと。むしろシャットに保つことが最も重要です。しかし、橋本さんはテークバックで腕がローリングして、左手の甲が上を向き、フェースが開いてしまっています。腕とクラブの三角形を崩さない意識を持っているようですが、ハーフバックですでに、クラブが体の正面を外れて、インサイドに行ってしまっています。腕とクラブの形が崩れているのは明らかです。(右写真は原江里菜プロ)

シールチェックでハーフバックを改善

グリップ付近の、シャフトの中央より少し右側にシールを貼って、まずハーフバックを改善しましょう。ハーフバックでシールが真上を向いていればOK。腕がローリングして、インサイドに上がれば、シールは背中方向に向くのでNG。どのように上げるかは意識せず、とにかくハーフバックで一度クラブを止めて、シールの向きが真上になっているかチェック。これを繰り返すことで、腕のローリングが解消してきます。ショット前のルーティンに組み込んでみるのも得策です。

背後の壁に当たらなければOK!

次にトライして欲しいのが、壁を背にしたスイングです。お尻と壁を30センチ位開けて立ち、ゆっくりとテークバックしてみましょう。トップまで壁に当たらなければOK。シールチェックをした時のハーフバックを意識すれば、意外と壁には当たらないものです。このとき、どんな感じですか?腕がローリングしてインサイドに上げていた人は、テークバックでずいぶん外に振り上げる感じになると思います。しかし、実際はこれで正しくシャフトプレーンに上がっているんです。

シャフトプレーンに沿わせようとするとフラットに・・・

スイングの誤解として陥りがちなのは、シャフトプレーンにクラブを沿って上げようしてしまうこと。頭の中のイメージに従って、シャフトプレーンに沿わせようとすると、腕がローリングし、クラブが体の正面を外れてインサイドに上がり、このようにどんどんフラットになっていきます。ですが、壁を背にしたドリルで体感したように、腕の感覚としては自分のイメージするプレーンよりも、かなり外に上げていた感覚でしたよね。胸は軸に沿って回転しますが、腕は感覚的にはこれに従わず、胸の正面で上下するだけ。同時に行うと、クラブは外側に上がっていく感じになります。これが、クラブを体の正面に保つ感覚なんです。

軌道が改善し飛距離アップ!
おすすめ記事通知を受け取る

橋本さん プロフィール

「7番アイアンで160ヤードくらい飛ばせるのに、ドライバーは全然飛んでいないという不満を抱えています。大きく曲げるミスはなく、方向は安定しているけど、全然飛ばないんです。スイングで気をつけているところは、腕とクラブの三角形を保ってテークバックすることですが、アイアンは良いのにドライバーだけ飛ばない原因が分かりません・・・」

サイエンスフィット

サイエンスフィット
数回ショットするだけで、スイングが診断できる最新鋭システム・・・それがサイエンスフィットだ。これまでの機器と違うのは、特にリアルタイム計測が困難だったインパクト時のフェースの入射角やフェースアングル、ボールの回転数などなど、スイングに関する貴重なデータが一瞬で分かること。悪い癖はもちろんのこと、「リストターン系」や「ボディターン系」といったスイングタイプも判別可能。自分本来のスイングを知り、個々に相応しい技術を身につける上で、トッププロからも熱い視線を集めるマシンとなっている。

宮川まもる

宮川まもる

PRGRの事業戦略室 室長にして日本プロゴルフ協会会員のティーチングプロであり、サイエンスフィットを操る名ドクター。矢野東原江里菜といったトッププロからアベレージゴルファーまで、1年間で800人以上のスイングを分析。サイエンスフィットが弾き出す大量のデータから即座に原因を見抜き、悩めるゴルファーに的確な診断とレッスンを実施している。

■サイエンスフィットの詳細/お申込みは下記までご連絡ください。
PRGR GINZA EX』【電話】0120-562-270
PRGR AKASAKA』 【電話】 0120-562-250
PRGR GINZA』 【電話】 03-5565-8610
PRGR TOKYO-HUB』 【電話】 03-5982-8809
PRGR NAGOYA』 【電話】 0120-562-199
『コナミスポーツクラブ目黒』 【電話】 03-5719-9572(ゴルフ受付専用)
『コナミスポーツクラブ横浜』 【電話】 045-290-5572(ゴルフ受付専用)
『コナミスポーツクラブグランサイズ大阪』 【電話】 06-6341-0573
『コナミスポーツクラブ福岡香椎』 【電話】 092-663-8573



PRGRチャンネル

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

ゴルフ保険に加入して、ゴルフアイテム当たる
効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き!
ツアー速報をお届け ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
ゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
リニューアル!予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入OK!
年会費無料の特典付きゴルフカード!
アマチュアナンバー1を決める熱き戦い!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス