レッスン・練習
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

今回のテーマはテークバック初動の意識で手元の浮きを解消

【新発売】PRGRサイエンスフィット教本、第3弾『スイングの壁を知る、5ステップメソッド』

【新発売】PRGRサイエンスフィット教本、第3弾『スイングの壁を知る、5ステップメソッド』>>

テークバック初動の意識で手元の浮きを解消

2015/01/21

インパクトでの手元の浮きに注目!

インパクトの手元の位置に注目すると、アドレス時よりもかなり浮いていることが分かります。トップでの右肘とボールを結んだライン上か、そのやや上を下りてくるのが理想ですが、渡邉さんの場合は、そのラインよりも下からクラブが入っていて、ヘッドが落ちている状態です。そうなるのは、手元が浮いているからです。それでも、人並み以上に合わせられる優れた身体能力がうかがえますが、根本的にはブレやすいスイングといえます。

ダウンスイングの入り口を見てみましょう!

プロとダウンスイングの入り口を見てみると、もう一つの大きな違いが分かります。肩口あたりにクラブがかかるプロに対して、渡邉さんは首に近いところを下りていますよね。かなりクラブが立っているので、インパクトで手元を浮かせたり、前傾を起こしていくといった調整を強いられるスイングなのです。気になさっているクロスも、原因は同じところにありますよ。(右写真は小平智プロ)

正面から見るとリバース気味になってます

さらに、正面から見てみましょう。プロはトップで、頭が左に動くようにみえるのに対して、渡邉さんは頭の位置があまり変わっていませんよね。そして、左に少し動いた後、ダウンスイングからインパクトにかけて頭が残るプロと比べると、やや左に動いてしまっています。いわば、軸が左に流れやすい左足下がりのライから打っているようなスイングなのです。

ほんのちょっとの意識ですべてが直ります!

さまざまな角度から、あれこれと問題点を指摘しましたが、レッスンは思いの外、シンプルですよ!意識するのは、テークバックの初動で、腕と体を一体に動かすことを、ほんのちょっと意識するだけです。具体的にはこうです。テークバックでベルトのバックルがボール1個分くらい回るまで、腕と体を一体にして回すだけ。たったこれだけで、軌道のブレからクロスまで、すべてが修正できますよ!

どうしてそれだけで直るのか?

テークバックのほんのわずかな初動で意識するのは、ベルトのバックルがボール1個分回るまで、上体と腕とクラブを一体にすること。今までは、初動で手元が浮きがちでした。すなわち、手先で上げることが先行し、グリップが体から離れて、アップライトに上がりクロスしやすくなっていました。ダウンスイングはスイングの初動の位置に下りてくるものなので、インパクトで手元が浮く結果となっていたのです。

ハーフスイングから徐々にフルスイングへとつなげましょう

テークバックの初動で、バックルがボール1個分動く間だけ、手元を浮かせないように意識して、まずはハーフスイングから練習してきましょう。そこからスリークォーター、フルスイングへとつなげていってください。サイエンス・フィットでは、初級・中級者にも、アドレスを6時とした時の、8時までのテークバックの初動を重視しています。このテークバック初動で、クラブを正しいレールに乗せる動きは、いかなるレベルのゴルファーでも、意識して欲しい最重要ポイントなのです。

スイングが劇的に変化!
おすすめ記事通知を受け取る

渡邉さん プロフィール

「最近は、アイアンのドローが強くて、フック気味の球もあり悩んでいます。ドライバーはフェード系なので、アイアンと弾道が揃っていないのも、納得できないところですね。スイングでは、トップでシャフトがクロスすることを自覚していて、これも直したいのですが、なかなか意識的に直すことができませんね・・・」

サイエンスフィット

サイエンスフィット
数回ショットするだけで、スイングが診断できる最新鋭システム・・・それがサイエンスフィットだ。これまでの機器と違うのは、特にリアルタイム計測が困難だったインパクト時のフェースの入射角やフェースアングル、ボールの回転数などなど、スイングに関する貴重なデータが一瞬で分かること。悪い癖はもちろんのこと、「リストターン系」や「ボディターン系」といったスイングタイプも判別可能。自分本来のスイングを知り、個々に相応しい技術を身につける上で、トッププロからも熱い視線を集めるマシンとなっている。

宮川まもる

宮川まもる

PRGRの事業戦略室 室長にして日本プロゴルフ協会会員のティーチングプロであり、サイエンスフィットを操る名ドクター。矢野東原江里菜といったトッププロからアベレージゴルファーまで、1年間で800人以上のスイングを分析。サイエンスフィットが弾き出す大量のデータから即座に原因を見抜き、悩めるゴルファーに的確な診断とレッスンを実施している。

■サイエンスフィットの詳細/お申込みは下記までご連絡ください。
PRGR GINZA EX』【電話】0120-562-270
PRGR AKASAKA』 【電話】 0120-562-250
PRGR GINZA』 【電話】 03-5565-8610
PRGR TOKYO-HUB』 【電話】 03-5982-8809
PRGR NAGOYA』 【電話】 0120-562-199
『コナミスポーツクラブ目黒』 【電話】 03-5719-9572(ゴルフ受付専用)
『コナミスポーツクラブ横浜』 【電話】 045-290-5572(ゴルフ受付専用)
『コナミスポーツクラブグランサイズ大阪』 【電話】 06-6341-0573
『コナミスポーツクラブ福岡香椎』 【電話】 092-663-8573



PRGRチャンネル

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き
ゴルフ工房
ゴルフ工房で職人の技をあなたの14本に
ツアー速報をお届け
ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
ゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入OK
年会費無料の特典付きゴルフカード!
アマチュアナンバー1を決める熱き戦い!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス