ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

今回のテーマはバンカーで何打損していますか?

バンカーショットの基礎
バンカーで何打損していますか?

『開いて打つ』ための 3つのコツ!

ツアープロや上級者は既に開いて打つことに慣れ、自由自在にクラブを操ることができるが、アベレージゴルファーにとって実戦で成功させるのは難しい。特にバンカーは練習する機会が少ないので、上達するスピードが他のショットと比べ遅くなってしまう。そこで、上手に開いて打つためのコツを平野プロが3つ教えてくれた。

【コツ1】 フェースの「トゥ側」を生かす!

「フェースを開いてからヒール寄りで打とうとすると、常にシャンクの危険が伴います。それを避けるには、フェース面トゥ側のスコアラインがない部分を使うように打つのがコツ。スコアラインの中心からトゥ側に砂が抜けるように打てると、強いスピンがかかります。

【コツ2】 積極的に「頭」は左サイドへ!

バンカーが苦手なアマチュアの多くが、ダウンスイングでスイング軸が右に傾いてしまい、大きく手前をダフるか、それを避けて左肘が引けてしまいトップするミスが出てしまいます。バンカーではフォローで体重が左足の股関節にしっかり乗るように、体重を左に移動することが大切です。

ダウンスイングでも積極的に頭を左方向に力を加えることで、確実に体重が左サイドに移動し、思ったところにヘッドが落とせます。極端に言うと、どんな状況でもバンカーでは左足下がりで打つくらいの感覚でOK。それだけアベレージゴルファーは正しい『左足体重』になっていないということです。

【コツ3】 “目玉焼き”のイメージ

安定して高さを出したり、距離を打ち分けるためには、より正確にヘッドの落とし所を決めることが必要です。“目玉焼き”のイメージを持ちましょう。ボールを“目玉焼き”の黄身に見立て、黄身ではなく白身の部分にヘッドを入れるのがのコツです」。(平野プロ)

まずは「足裏」の情報から!

バンカーショットの基礎 記事一覧

おすすめ記事通知を受け取る

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

hotlist 2018

“HOTLIST 2018”今年の優秀なクラブたち
最新クラブを徹底レビュー。「HOTLIST2018」公開!

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

mbu事業案内
効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き!
ツアー速報をお届け ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
ゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
リニューアル!予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入OK!
年会費無料の特典付きゴルフカード!
アマチュアナンバー1を決める熱き戦い!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス