レッスン・練習
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

今回のテーマは“絶対スライス防止、これだけは…!” 中井美有

女子プロ・ゴルフレスキュー

“絶対スライス防止、これだけは…!” 中井美有

【原因02/当てにいく】とは…?

次は、ボールに当てにいく意識が引き起こすミス。ボールに当てにいく意識が強いと、右腕が積極的に動いてしまいます。右腕の動きすぎにより、右ワキが開いてしまうことでクラブがアウトサイドから下りやすくなってしまいます。

【“当てにいく”防止】 「右ワキ」を締める!

適度に右ワキが締まった状態が理想です。対策としては、右ワキにタオルやヘッドカバーを挟んでスイングする練習。ワキの締まりを意識しながら、上体で振り抜く練習を繰り返してみてください。

【“当てにいく”防止】 正しい「トップ位置」を掴む!

注意点としては、この練習をするとスイングアークが小さくなってしまい、飛距離が落ちたり、気持ちよく振れなくなったりという症状に陥る点。そもそも右ワキが開いてしまう多くの方が、既にトップでワキが開いたり、反対に窮屈になりすぎたりと、トップのポジションが不安定で間違った腕の使い方をしています。つまりここでの練習のメリットは、ワキを締めることよりも、正しくクラブを下ろすことができるトップのポジションを覚えることが先決というわけです。

【“当てにいく”防止】 始動で「ややアウト」に上げる!

そのために大切になるのが、スイング始動です。手首を使ってヘッドをヒョイッと上げるのではなく、アドレスでの手首の角度や体と手の位置関係を保ったまま、上体を回転させてクラブを上げてみてください。やや外側へ、ワイドに大きな弧を描くイメージを持つと、体全体で上げる感覚が掴みやすくなると思います。

【“当てにいく”防止】 「ヒジから先」は動かさない!

また、ヒジから先はなるべく動かさないこと。手先でクラブを上げると、どうしても毎回同じポジションに上げることが不可能になります。上体や上腕でクラブをコントロールする意識を強く持ってください。上体や上腕であれば、クラブを持ち上げるだけで無意識にベストなトップのポジションにクラブが収まります。

【原因03/起き上がり】とは…?
おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

hotlist 2018

“HOTLIST 2018”今年の優秀なクラブたち
最新クラブを徹底レビュー。「HOTLIST2018」公開!

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

[PR]スペシャルインタビュー
mbu事業案内
効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き!
ゴルフ工房
ゴルフ工房で職人の技をあなたの14本に
ツアー速報をお届け ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
ゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
リニューアル!予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入OK!
年会費無料の特典付きゴルフカード!
アマチュアナンバー1を決める熱き戦い!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス