ギア情報
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

プロコーチ堀尾研仁がスイングチェック法&対策ドリルを伝授

clickhere

第1話 バックスイングのスイングプレーンが安定しない!?

2010/6/4公開

スイングチェック機能付デジカメ『EX-FS10S』の活用法!

スイングチェック機能付デジカメ『EX-FS10S』の活用法!

アドレス時のシャフトに沿うようにラインをセットします。腕のねじれを使わず、体の回転主導でバックスイングを行なうと、クラブはこの線に沿って8時のポジション(両手が右腿の前を過ぎた辺り=写真左)まで動きます。

その後、腕のねじれとリストコックを行なうことで、シャフトはアドレスでの線よりも若干アップライトに動きます。シャフトが右肩よりも低い位置を指していれば、腕のねじれが多い状態。反対にシャフトが右肩よりも高い位置を指していれば、腕のねじれが少ない状態。シャフトが右肩を指していれば、腕のねじれは適正ということになります(写真右)。これが腕のねじれをチェックする際のポイントです。

4ページ目へGO! >>



堀尾研仁

堀尾研仁 ツアープロコーチ PROFILE

1971年4月16日生まれ。デビッド・レッドベターに師事し、2002年よりツアープロの帯同コーチとして活動開始。翌2003年に田島創志プロ、2004年に高橋竜彦プロのコーチに就き、2選手の初優勝に貢献。2005年には谷口徹プロの帯同コーチとしてメジャートーナメントにも同行。現在は多数のツアープロのコーチを行う傍らアマチュアへのレッスンも精力的に行っている。

アーカイブ

clickhere
 

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


アクセス急上昇!ランキング
SSI t@C̏ɃG[܂
SSI t@C̏ɃG[܂
大人4人と4つのキャディバッグを楽々と積載!クルマに求められる本質的な能力にこだわった一台