ギア情報
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

プロコーチ堀尾研仁がスイングチェック法&対策ドリルを伝授

clickhere

第6話 頭が目標方向へ流れる

2010/7/9公開

頭が目標方向へ流れる理由

頭が目標方向へ流れる理由

ダウンスイングで頭が目標方向へ流れる理由は2つあります。
まず1つめの理由は、切り返し動作のタイミングが速くなることです。トップからダウンスイングに入る瞬間に「ボールをしっかりヒットしたい。」という気持ちの焦りが起こると、切り返し動作が速くなり、頭が目標方向へ流れてしまいます。

2つめの理由は、腕力に頼ってスイングすることにあります。十分な飛距離を得るために「力強くインパクトしたい!」と意識すると、腕に必要以上の力が入ってしまいます。これではスイングの主導権が、体から腕に移ります。その結果、頭や肩、そして腕といった上半身が、大きく目標方向へ動いてしまうのです。

本来ダウンスイングは、下半身が先行して始まるものです。しかし、上記の理由により上半身主導のスイングになると、バックスイングで作った体のねじれを早いタイミングで開放することとなってしまいます。その結果、十分なヘッドスピードが得られないだけでなく、アウトサイドイン軌道によるプルやプルスライスなどのミスが発生します。

次のページでは、正しい切り返し動作を説明します!

2ページ目へGO! >>


堀尾研仁

堀尾研仁 ツアープロコーチ PROFILE

1971年4月16日生まれ。デビッド・レッドベターに師事し、2002年よりツアープロの帯同コーチとして活動開始。翌2003年に田島創志プロ、2004年に高橋竜彦プロのコーチに就き、2選手の初優勝に貢献。2005年には谷口徹プロの帯同コーチとしてメジャートーナメントにも同行。現在は多数のツアープロのコーチを行う傍らアマチュアへのレッスンも精力的に行っている。

アーカイブ

clickhere
 

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


アクセス急上昇!ランキング
SSI t@C̏ɃG[܂
SSI t@C̏ɃG[܂
MCCシリーズの最新作【MCC TEAMS】。鹿又さんも絶賛した新時代のグリップをチェック!
豪華プレゼントが総勢26名様に当たるプレゼントキャンペーン実施中!