ギア情報
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

プロコーチ堀尾研仁がスイングチェック法&対策ドリルを伝授

clickhere

第6話 頭が目標方向へ流れる

2010/7/9公開

正しい切り返し動作とは?

正しい切り返し動作とは?

正しい切り返し動作を紹介しましょう。
まず切り返し動作とは、腰の回転が肩の回転を引っ張る動きです。上半身がバックスイング方向へ回転を完了する前に、下半身がダウンスイング方向へ回転を始めます。つまり体と腰に時間差=ねじれ差が生まれるのです。

この時、腕と肩は受身の状態でいなければなりません。上半身の力が抜け、リラックスした状態であることが重要なのです。これにより下半身の引っ張りが、上半身のねじり戻しを一瞬遅れて生むこととなり、いわゆる“切り返しの間”が作られるのです。

この切り返しの間が作られることで、頭も目標方向へ流れることはなくなります。これにより、正しい体のねじれのリリースが可能となり、最大のヘッドスピードをボールに伝えることができます。そして、アウトサイドイン軌道も改善されますから、よりストレートな弾道を打つことが可能となるでしょう。

次のページでは、頭と軸の動きのチェック方法を紹介します!

3ページ目へGO! >>


堀尾研仁

堀尾研仁 ツアープロコーチ PROFILE

1971年4月16日生まれ。デビッド・レッドベターに師事し、2002年よりツアープロの帯同コーチとして活動開始。翌2003年に田島創志プロ、2004年に高橋竜彦プロのコーチに就き、2選手の初優勝に貢献。2005年には谷口徹プロの帯同コーチとしてメジャートーナメントにも同行。現在は多数のツアープロのコーチを行う傍らアマチュアへのレッスンも精力的に行っている。

アーカイブ

clickhere
 

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


アクセス急上昇!ランキング
SSI t@C̏ɃG[܂
SSI t@C̏ɃG[܂