ギア情報
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

プロコーチ堀尾研仁がスイングチェック法&対策ドリルを伝授

clickhere

第2話 オーバースイングになる!?

2010/6/11公開

脇を締めて体と腕を同調させよう!

脇を締めて体と腕を同調させよう!

バランスの良いトップを作るためのポイントは2つあります。

まず1つめは、体と腕を同調させることです。アドレスで軽く脇を締め、胸の大胸筋を緊張させた状態にしましょう。この様にすることで、体と腕が連結した状態が作られます。この状態をスイング中に保つことで、体と腕が同調したバランスの良いスイングが可能となります。結果的にオーバースイングは起こらなくなるでしょう。

2つめのポイントは、“意識のトップと実際のトップには差があることを理解する!”ということです。トップはクラブが方向を変える瞬間であり、勢いがついています。クラブは意識しているトップよりも、勢いによって大きく動いてしまうものです。バックスイング幅の後半2割程度はコントロールできません。スイング中にトップを意識するのであれば、バックスイング幅の8割地点がトップであるとイメージすると良いでしょう。または、トップを意識したくない人は、切り返しのタイミングを早めることで、オーバースイングを防ぐことが出来ます。

3ページ目へGO! >>


堀尾研仁

堀尾研仁 ツアープロコーチ PROFILE

1971年4月16日生まれ。デビッド・レッドベターに師事し、2002年よりツアープロの帯同コーチとして活動開始。翌2003年に田島創志プロ、2004年に高橋竜彦プロのコーチに就き、2選手の初優勝に貢献。2005年には谷口徹プロの帯同コーチとしてメジャートーナメントにも同行。現在は多数のツアープロのコーチを行う傍らアマチュアへのレッスンも精力的に行っている。

アーカイブ

clickhere
 

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


アクセス急上昇!ランキング