ギア情報
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

プロコーチ堀尾研仁がスイングチェック法&対策ドリルを伝授

clickhere

第2話 オーバースイングになる!?

2010/6/11公開

スイングチェック機能付デジカメ『EX-FS10S』の活用法!

スイングチェック機能付デジカメ『EX-FS10S』の活用法!

体と腕がトップで同調しているかどうか確認する方法を紹介しましょう。
アドレス時のシャフトに沿うようにラインをセットします。トップの位置で画像を一時停止させます。この時、左腕がラインと平行になっていれば、バランスの良いトップが作られていることとなります。

左腕がラインよりもアップライトになっている場合は、腕が体に対して縦方向に外れているという証拠です。反対に左腕がラインよりもフラットになっている場合は、腕が体に対して横方向へ外れていることになります。

ライン機能を使って、自分のスイングの傾向をしっかりと把握してください。しかし、この時に“形ありき”にならないように注意が必要です。体と腕を同調させることを、最優先事項としましょう。「動作が先、形は後!」この考え方を忘れないでください。

次ページでは、トップを安定させるためのドリルを動画で紹介します!

4ページ目へGO! >>



堀尾研仁

堀尾研仁 ツアープロコーチ PROFILE

1971年4月16日生まれ。デビッド・レッドベターに師事し、2002年よりツアープロの帯同コーチとして活動開始。翌2003年に田島創志プロ、2004年に高橋竜彦プロのコーチに就き、2選手の初優勝に貢献。2005年には谷口徹プロの帯同コーチとしてメジャートーナメントにも同行。現在は多数のツアープロのコーチを行う傍らアマチュアへのレッスンも精力的に行っている。

アーカイブ

clickhere
 

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


アクセス急上昇!ランキング
SSI t@C̏ɃG[܂
SSI t@C̏ɃG[܂