ギア情報
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

プロコーチ堀尾研仁がスイングチェック法&対策ドリルを伝授

clickhere

第3話 ダウンスイングで膝が流れる

2010/6/18公開

左足内側で体重を感じよう!

左足内側で体重を感じよう!

正しい体重移動を理解しましょう!正しい体重移動とは、皆さんが考えているような大きな動きではありません。スタンス内で起こる小さな動きなのです。

バックスイングでは、始動の一瞬で右足方向へ重心が動きます。ベルトバックルが右足方向へボール1個移動する程度の小さな動きです。この時、体重を右足の内側(母指球)で感じることが出来るはずです。右足の外側に体重を感じる場合は、体重移動が大きすぎる証拠です。

ダウンスイングでは、バックスイングで動いた重心がアドレスの位置に戻ります。この重心が戻る小さな動きが、正しい体重移動なのです。アドレス時の重心位置よりも目標方向へ大きな体重移動を行なおうとすることで、膝の流れが起こるのです。

正しいダウンスイングの体重移動を行なえば、左足内側で体重を感じるはずです。この時、左足内腿に張りを感じて母指球で地面を踏みしめることができれば、膝が目標方向へ流れることはありません。その結果、スイング軸をアドレスと同じ位置に保つことができ、安定したショットが生まれるのです。

3ページ目へGO! >>


堀尾研仁

堀尾研仁 ツアープロコーチ PROFILE

1971年4月16日生まれ。デビッド・レッドベターに師事し、2002年よりツアープロの帯同コーチとして活動開始。翌2003年に田島創志プロ、2004年に高橋竜彦プロのコーチに就き、2選手の初優勝に貢献。2005年には谷口徹プロの帯同コーチとしてメジャートーナメントにも同行。現在は多数のツアープロのコーチを行う傍らアマチュアへのレッスンも精力的に行っている。

アーカイブ

clickhere
 

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


アクセス急上昇!ランキング
SSI t@C̏ɃG[܂
SSI t@C̏ɃG[܂
大人4人と4つのキャディバッグを楽々と積載!クルマに求められる本質的な能力にこだわった一台