ギア情報
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

プロコーチ堀尾研仁がスイングチェック法&対策ドリルを伝授

clickhere

第4話 ダウンスイングでクラブが振り遅れる

2010/6/25公開

腕のねじれを開放しよう!

腕のねじれを開放しよう!

オンプレーンでインパクトを迎えるためには、バックスイングで作った腕のねじれを上手く開放することが重要なのです。正しい腕の動きを理解しましょう!

まず、腕の動きはバックスイングとダウンスイングで、対称な動きであることを理解して下さい。バックスイングでは、8時のポジション(両手が右腿の前を過ぎた辺り)から腕のねじれは起こり、ハーフウェーを過ぎた辺りまでに完了します。そして、トップから切り返しまでは、腕の動きはありません。切り返し後、8時のポジションまでに腕のねじり戻しが完了します(写真)。この様にバックスイングもダウンスイングも、動きの中間辺りで腕のねじりとねじり戻しが行なわれるのです。ダウンスイングでクラブが振り遅れてしまう人は、積極的に腕のねじれを開放しましょう。

正しい腕のねじり戻しが行なわれると、クラブはオンプレーンに戻ってきます。フェースの向きもスクエアになるので、その後は理想的なプレーン上をクラブが走り、自動的に良いインパクトを迎えます。この様にスイングすると、インパクト時の軌道やフェース向きなどの修正動作を必要としないので、安定したショットを打つことが可能となります。

3ページ目へGO! >>


堀尾研仁

堀尾研仁 ツアープロコーチ PROFILE

1971年4月16日生まれ。デビッド・レッドベターに師事し、2002年よりツアープロの帯同コーチとして活動開始。翌2003年に田島創志プロ、2004年に高橋竜彦プロのコーチに就き、2選手の初優勝に貢献。2005年には谷口徹プロの帯同コーチとしてメジャートーナメントにも同行。現在は多数のツアープロのコーチを行う傍らアマチュアへのレッスンも精力的に行っている。

アーカイブ

clickhere
 

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


アクセス急上昇!ランキング
SSI t@C̏ɃG[܂
SSI t@C̏ɃG[܂
大人4人と4つのキャディバッグを楽々と積載!クルマに求められる本質的な能力にこだわった一台