ギア情報
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

プロコーチ堀尾研仁がスイングチェック法&対策ドリルを伝授

clickhere

第8話 テンプラがでる!?

2010/7/23公開

テンプラ防止方法!

テンプラ防止方法!

テンプラを防ぐ為には、適正な入射角度が必要です。
まず正しいインパクトのイメージを持ちましょう。インパクトはスイング軌道の最下点、または最下点よりも少し先であることをイメージしましょう。アイアンとは正反対のインパクトイメージとなる訳ですね。

しかし、スイングを変える必要はありません。スイングの最下点を理解すれば良いのです。スイングの最下点はグリップエンドの位置で決まります。ゴルフスイングは、体とグリップエンドの2つを支点とした振り子運動です。グリップエンドは、インパクトでアドレスと同じ位置に戻ってきます。つまり、アドレスのグリップエンドの位置がスイングの最下点となる訳です。この位置よりも目標側にボールを置けば、自然と上昇軌道でインパクトできるはずです。

しかし、良いアドレスをしてもテンプラが起こることはあります。その場合は、インパクト時に支点となるグリップエンドが、ボールよりも目標側に移動してしまうからです。この様な癖がある人は、目標方向への体重移動を減らすことと、クラブをリリース(開放)することを注意してスイングしましょう。この様なポイントを注意することで、テンプラは解消されるはずです。

次のページでは、テンプラ防止の為のスイングチェック方法を紹介します!

3ページ目へGO! >>


堀尾研仁

堀尾研仁 ツアープロコーチ PROFILE

1971年4月16日生まれ。デビッド・レッドベターに師事し、2002年よりツアープロの帯同コーチとして活動開始。翌2003年に田島創志プロ、2004年に高橋竜彦プロのコーチに就き、2選手の初優勝に貢献。2005年には谷口徹プロの帯同コーチとしてメジャートーナメントにも同行。現在は多数のツアープロのコーチを行う傍らアマチュアへのレッスンも精力的に行っている。

アーカイブ

clickhere
 

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


アクセス急上昇!ランキング
SSI t@C̏ɃG[܂
SSI t@C̏ɃG[܂
大人4人と4つのキャディバッグを楽々と積載!クルマに求められる本質的な能力にこだわった一台