ギア情報
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

プロコーチ堀尾研仁がスイングチェック法&対策ドリルを伝授

clickhere

第8話 テンプラがでる!?

2010/7/23公開

スイングチェック機能付デジカメ『EX-FS10S』の活用法!

スイングチェック機能付デジカメ『EX-FS10S』の活用法!

テンプラ防止のためのスイングチェック方法を紹介します。
体の正面から撮影した映像をアドレスで一時停止させ、ライン機能の2本線を表示させます。まず1本のラインを地面と平行になるようにセットします。次にもう1本のラインをグリップエンドを通過しながら地面と垂直になる様にセットします。

インパクトでシャフトがどの様な状態にあるのか確認して下さい。グリップエンドがラインよりも目標側に出ていれば、テンプラの危険性を含んだスイングであるということになります。グリップエンドが極端にラインよりも手前にある場合は、過度な上昇軌道が作られている証拠です。これでは、弱い弾道が作られ十分な飛距離が得られません。グリップエンドとシャフトがラインと重なるインパクトを目指して練習してください。

次のページでは、練習方法を動画で紹介します!

4ページ目へGO! >>



堀尾研仁

堀尾研仁 ツアープロコーチ PROFILE

1971年4月16日生まれ。デビッド・レッドベターに師事し、2002年よりツアープロの帯同コーチとして活動開始。翌2003年に田島創志プロ、2004年に高橋竜彦プロのコーチに就き、2選手の初優勝に貢献。2005年には谷口徹プロの帯同コーチとしてメジャートーナメントにも同行。現在は多数のツアープロのコーチを行う傍らアマチュアへのレッスンも精力的に行っている。

アーカイブ

clickhere
 

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


アクセス急上昇!ランキング
SSI t@C̏ɃG[܂
SSI t@C̏ɃG[܂
大人4人と4つのキャディバッグを楽々と積載!クルマに求められる本質的な能力にこだわった一台