レッスン・練習
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

今回のテーマはリストワークを最大限に生かすコツとは?

【新発売】PRGRサイエンスフィット教本、第3弾『スイングの壁を知る、5ステップメソッド』

【新発売】PRGRサイエンスフィット教本、第3弾『スイングの壁を知る、5ステップメソッド』>>

リストワークを最大限に生かすコツとは?

2013/02/27

腕のローリングが問題です・・・

磁気センサーの計測では、グリップのスピードがインパクトで落ちるので、リストターンタイプだと分かります。リストワークを使うのは、インサイドアウト&アッパーのAゾーン軌道で振れていることが大前提ですが、五十嵐さんはその点は問題ありません。しかし、リストワークを乱してしまう原因が他にあります。それは、テークバックで腕がローリングしてしまうこと。つまり、左手の甲が上を向く形でクラブが寝てしまい、テークバックでフェースが早く開いてしまうんです。

ローリングと正しいリストワークの違い

多くのアマチュアの方は、リストを使うといえば、腕をこねるような動きになります。これがローリングです。剣道の面のように、上体に対して上下に腕や手首が曲がるのが、正しいリストワークです。一方、手首が左右に倒れてしまうのはローリング。このようにテークバックで手首がローリングすると、クラブが体の正面から外れて、クラブが寝てしまうことになります。Aゾーンで振れない方が、リストを積極的に使おうとすると、ローリングを招くので、上達を大きく阻む結果につながるんです。

胸の正面からクラブを外さない

サイエンスフィットの推奨する、リストワークを抑えたボディターンスイングでも、リストターンを積極的に使うスイングでも共通するポイントは、体の正面からクラブを外さないことです。前傾をしないでクラブを正面に構えたまま、背中をターゲット方向に回してみましょう。そうすると、クラブはアドレス時と同様に胸の正面にありますよね。当然、フェース面も上半身と平行です。その状態から前傾すれば、上半身と腕とクラブの位置関係は変わらないはず。しかし、五十嵐さんの場合は、ハーフバックで腕がローリングするので、クラブが上半身に対して、右に倒れて、フェースが開く形になってしまうんです。

すべてのプロに共通するハーフバックの形

プロでもリストワークを使わないタイプと、使うタイプに分かれます。しかし、いずれのタイプでも胸の正面からクラブが外れることはありません。剣道の面のように、胸の正面で手首を曲げる量が多いか少ないかという違いだけです。コックの大きさの違いだけであって、体の正面にクラブをキープする基本は同じ。従って、テークバックの初動はどのプロにも例外なく共通する形になります。特に8時の位置までは、上半身・腕・クラブが一体になって動き、クラブが胸の正面に保たれる形になります。(右写真は矢野東プロ)

8時の位置までクラブを体の正面にキープ

腕がローリングして、クラブが寝て上がれば、ダウンスイングでも寝て下りてきます。五十嵐さんがトップしやすいのも、右に出るのも同じ原因です。飛ばそうと力めば、もっとローリングが強くなって、ミスが出やすくなります。意識して改善すべきは8時まで。クラブをお腹につけて、上半身・腕・クラブがアドレスの形を崩さず上がる感覚を覚えてください。

8時から先は意識しなくて構いません

8時までのテークバックに成功すれば、シャフトラインに沿ってクラブが上がり、ダウンスイングも勝手に同じ軌道を下りてきます。8時から先は、今まで通りのスイングで特に何も意識しなくて構いません。五十嵐さんのようにリストワークを上手く使える人は、8時から先で自然にコックが大きく入り、ダウンスイングでは腕とクラブの角度が大きくついた、タメのあるスイングになるはずです。ローリングせず、クラブが胸の正面から外れなければ、上手く使える手首のタメがもっと生かされてくるはずですよ。

ヘッドスピードは落ちても飛距離は変わらず
おすすめ記事通知を受け取る

五十嵐さん プロフィール

「コースではどうしても飛ばそうとして力んでしまうのか、トップのミスが多いんです。インパクトで伸び上ってしまうことが、そうしたミスの原因だと思っています。トップ気味のミスが多いので、やはりフェアウェイウッドは苦手。どちらかというとロングアイアンの方が打ちやすいですね。ドライバーは全体的に右に出ることが多いのですが、それを嫌がるとフックにもなりますね」

サイエンスフィット

サイエンスフィット
数回ショットするだけで、スイングが診断できる最新鋭システム・・・それがサイエンスフィットだ。これまでの機器と違うのは、特にリアルタイム計測が困難だったインパクト時のフェースの入射角やフェースアングル、ボールの回転数などなど、スイングに関する貴重なデータが一瞬で分かること。悪い癖はもちろんのこと、「リストターン系」や「ボディターン系」といったスイングタイプも判別可能。自分本来のスイングを知り、個々に相応しい技術を身につける上で、トッププロからも熱い視線を集めるマシンとなっている。

宮川まもる

宮川まもる

PRGRの事業戦略室 室長にして日本プロゴルフ協会会員のティーチングプロであり、サイエンスフィットを操る名ドクター。矢野東原江里菜といったトッププロからアベレージゴルファーまで、1年間で800人以上のスイングを分析。サイエンスフィットが弾き出す大量のデータから即座に原因を見抜き、悩めるゴルファーに的確な診断とレッスンを実施している。

■サイエンスフィットの詳細/お申込みは下記までご連絡ください。
PRGR GINZA EX』【電話】0120-562-270
PRGR AKASAKA』 【電話】 0120-562-250
PRGR GINZA』 【電話】 03-5565-8610
PRGR TOKYO-HUB』 【電話】 03-5982-8809
PRGR NAGOYA』 【電話】 0120-562-199
『コナミスポーツクラブ目黒』 【電話】 03-5719-9572(ゴルフ受付専用)
『コナミスポーツクラブ横浜』 【電話】 045-290-5572(ゴルフ受付専用)
『コナミスポーツクラブグランサイズ大阪』 【電話】 06-6341-0573
『コナミスポーツクラブ福岡香椎』 【電話】 092-663-8573



PRGRチャンネル

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

ゴルフ保険に加入して、ゴルフアイテム当たる
効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き!
ツアー速報をお届け ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
ゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
リニューアル!予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入OK!
年会費無料の特典付きゴルフカード!
アマチュアナンバー1を決める熱き戦い!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス