レッスン・練習
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

今回のテーマはタメていい人、ダメな人。その違いは何?

【新発売】PRGRサイエンスフィット教本、第3弾『スイングの壁を知る、5ステップメソッド』

【新発売】PRGRサイエンスフィット教本、第3弾『スイングの壁を知る、5ステップメソッド』>>

タメていい人、ダメな人。その違いは何?

2013/04/03

クラブフィッティングでできる改善策

理想はAゾーンですが、今のスイングでシングルプレーヤーとしてのゴルフが、ある程度確立されているので、今のスイングを生かした最初のアドバイスとしては、クラブフィッテイングによる改善策になります。ダウンブローのスイングなので、アイアンはすごく得意だと思われます。ただ、ドライバーではどうしても打ち出し角が低くなるので、重心深度の深いヘッドがオススメ。ヘッドの重心が後方にあるほど、ロフトが寝る方向に倒れやすいので、ボールが上がりやすくなるからです。

タメはクラブシャフトに任せましょう!

もっとタメを利かせて、飛ばそうとは思わないこと。ボディターンタイプとリストターンタイプの中間ならまだしも、池田さんは完全なるボディターンタイプ。ダウンスイングでのクラブの軌跡を見ても分かります。もし自分でタメを作ろうとすれば、インパクトのタイミングが分からなくなり、スイングが大きく崩れる危険がありますよ。ですから、ボディターンタイプの人は、クラブにタメを作ってもらうべきです。今のシャフトだと、手元が固いタイプなので、明らかに合っていません。手元が柔らかくしなるシャフトにすれば、スイングを変えなくても、タメを利かせることが可能です。

スイング自体の問題は?

ここまでは、クラブフィッティングにより改善できる飛距離アップ策。一方、スイング軌道もやはりAゾーンに近づけたいところです。真っ先に改善すべき点は、ハーフバックでの手のポジション。ダウンスイングはハーフバックの手のポジションを辿るように下りてきます。池田さんの場合、手のポジションが高いので、ダウンスイングも手が高くなります。手の位置が高いと、インパクトの軌道が鋭角的になり、ダウンブローがきつくなりますよ。

プロのハーフバックと比べてみると・・・

原江里菜プロのハーフバック(右写真)と比べてみると一目瞭然。プロはハーフバックで手が腰の高さくらいなのに対して、池田さんはかなり高いところにありますね。つまり、この分を手で持ち上げてしまっているんですね。持ち前のボディターンスイングで、かなり上手くインパクトしているとは思いますが、テークバックで手上げしているのが改善すべきところです。

ハーフバックまでは腕を使わない

ではなぜ、プロのハーフバックでは手の位置が低く保たれているのでしょうか?それはハーフバックまでは、腕を使ってクラブを上げていないからです。特に8時の位置くらいまでは、上体・腕・クラブがいっしょになって上がります。そうすれば、ハーフバックの時点でも、手は腰のあたりまでしか上がりません。池田さんは手の位置が高いので、プロと比較した高さの違いだけ、手が先行してしまっているということなのです。

8時までは胸を回して上げる感覚に

改善すべきは8時までのテークバックです。前傾して両腕を脱力し、上体と腕をいっしょに上げてみてください。腕と上体をいっしょに上げるには、胸を回すような感じになると思います。あるいは、背中を回す感じでしょうか。人それぞれ、やりやすい感覚があると思うので、上体と腕を8時まで一緒に回す感覚を自分なりにつかんでくださいね。リストターンタイプの方は、この動きに加えてコックが入ってきますが、池田さんはボディターンタイプなので、コックを入れる意識はない方が良いと思います。

手元が低くなり入射角が緩やかに変化
おすすめ記事通知を受け取る

池田さん プロフィール

「年齢的なこともあると思いますが、最近ドライバーもアイアンも全体的に飛距離が落ちてきているのが悩みです。ハンディキャップ7ですが、年間100ラウンドくらいしているし、その割には、スコアが伸び悩んでいる感もありますね。それでも、パッティングだけはすごく自信があるので、かろうじてパットで今のスコアメイクができているという状況です。もう少し、タメのきいたスイングで飛距離を上げて、レベルアップしたいのですが・・・」

サイエンスフィット

サイエンスフィット
数回ショットするだけで、スイングが診断できる最新鋭システム・・・それがサイエンスフィットだ。これまでの機器と違うのは、特にリアルタイム計測が困難だったインパクト時のフェースの入射角やフェースアングル、ボールの回転数などなど、スイングに関する貴重なデータが一瞬で分かること。悪い癖はもちろんのこと、「リストターン系」や「ボディターン系」といったスイングタイプも判別可能。自分本来のスイングを知り、個々に相応しい技術を身につける上で、トッププロからも熱い視線を集めるマシンとなっている。

宮川まもる

宮川まもる

PRGRの事業戦略室 室長にして日本プロゴルフ協会会員のティーチングプロであり、サイエンスフィットを操る名ドクター。トッププロからアベレージゴルファーまで、1年間で800人以上のスイングを分析。サイエンスフィットが弾き出す大量のデータから即座に原因を見抜き、悩めるゴルファーに的確な診断とレッスンを実施している。

■サイエンスフィットの詳細/お申込みは下記までご連絡ください。
PRGR GINZA EX』【電話】0120-562-270
PRGR AKASAKA』 【電話】 0120-562-250
PRGR GINZA』 【電話】 03-5565-8610
PRGR TOKYO-HUB』 【電話】 03-5982-8809
PRGR NAGOYA』 【電話】 0120-562-199
『コナミスポーツクラブ目黒』 【電話】 03-5719-9572(ゴルフ受付専用)
『コナミスポーツクラブ横浜』 【電話】 045-290-5572(ゴルフ受付専用)
『コナミスポーツクラブグランサイズ大阪』 【電話】 06-6341-0573
『コナミスポーツクラブ福岡香椎』 【電話】 092-663-8573



PRGRチャンネル

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き
ゴルフ工房
ゴルフ工房で職人の技をあなたの14本に
ツアー速報をお届け
ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
ゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入OK
年会費無料の特典付きゴルフカード!
アマチュアナンバー1を決める熱き戦い!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
やってみよう!フットゴルフナビ
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス