レッスン・練習
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

今回のテーマは「バウンス角が大きい=やさしいウェッジ」の罠

ハマるな危険! あるあるレッスンに潜む罠

「バウンス角が大きい=やさしいウェッジ」の罠

2020/06/09

スイングやクラブ選びにおいて、正しいことをしているはずなのに何故か進歩しない。そんなアマチュアゴルファーは、当たり前と思っていることに潜む「罠」にハマっているのかもしれません。今回は、レッスンスクール「ゴルフテック」の三田貴史コーチが、失敗をしないクラブの選び方について解説します。

「ミスのリスクが高まるケースもある」

基本的にアプローチショットは、クラブヘッドのソールを芝に滑らせた状態でインパクトさせます。その滑らせる働きをするのが、ソールにある出っ張り部分の“バウンス”です。一般的にバウンス角が大きい(ハイバウンス)ウェッジは、ソールが滑りやすい構造のため、ダフりなどのミスが起こりにくくなります。しかし、ライの状態やスイングタイプによっては、角度が小さい(ローバウンス)ウェッジのほうが適する場合があることを覚えておきましょう。

まず、中間的なバウンス角は10度くらいと考えてください。芝が生えそろったライで低く転がすアプローチを打つときは、それよりも大きなバウンス角のウェッジを優先的に使いましょう。対して、芝が薄いライでは、バウンス角が一桁台のローバウンスのウェッジがお勧めです。ハイバウンスだとソールが地面を跳ねやすくなり、トップや距離感が合わないミスのリスクが高まるからです。また、ボールを高く上げるロブショットを打つ場合も、フェースを開いたときにソールが浮きにくいローバウンスのウェッジが有効です。

ソール形状&バウンス角の関係性を知る

ウェッジを選ぶ際にバウンスへの意識を強めると、より自分のプレースタイルに合ったセッティングに仕上がると思います。複数本のウェッジを入れる場合は、ハイバウンスとローバウンスの2タイプを揃えておくのも良いでしょう。

バウンスへの明確な狙いを持ってウェッジを探す場合は、ソール形状とバウンス角の関係性を知っておくことも大切です。幅が広いワイドソールのウェッジは、その形状がハイバウンスと同じ役割をしてくれるため、表示バウンスの角度が小さくてもソールが滑りやすい構造になっています。ソール形状とバウンス角をセットで考えて、自分が求める性能のウェッジを正しく選びましょう。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

hotlist 2018

“HOTLIST 2018”今年の優秀なクラブたち
最新クラブを徹底レビュー。「HOTLIST2018」公開!

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

mbu事業案内
効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き!
ツアー速報をお届け ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
ゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
リニューアル!予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入OK!
年会費無料の特典付きゴルフカード!
アマチュアナンバー1を決める熱き戦い!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス