レッスン・練習
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

今回のテーマは「アゲンスト対策で右足寄りにボールを置く」の罠

ハマるな危険! あるあるレッスンに潜む罠

「アゲンスト対策で右足寄りにボールを置く」の罠

2020/08/18

スイングやクラブ選択において、正しいことをしているはずなのに何故か進歩しない。そんなアマチュアゴルファーは、上達を妨げる「レッスンの罠」にハマっているのかもしれません。レッスンスクール「ゴルフテック」の中村晃文コーチが主な例を挙げながら、テーマごとに解説します。

「バックスピン量が増えて吹き上がりやすくなる」

アゲンストの風に対するアイアンショットにおいて、ボールを右足寄りに置いてロフト角を立たせ、強振しているゴルファーをよく見かけます。風に負けない、低くて強いボールを打ちたい意図は分かりますが、コレはよくある勘違い。ボールは低く出せるものの、クラブヘッドが鋭角に速く入ることでバックスピン量が増えて吹き上がりやすくなり、距離が落ちる可能性が高まります

そこでお勧めしたいのは、ボールは通常の位置(右足寄りにしない)のまま、クラブの番手を上げることでロフト角を立て、ヘッドスピード(以下HS)を落とす打ち方です。長さがあるクラブほど入射角が緩やかになることでバックスピン量を抑えられ、HSを落とすことで番手を上げたぶんの距離調整を行います。

では、実際にロフト角46度と52度のクラブを使って弾道データを比較してみましょう。アゲンストの風を想定し、52度では右足寄りに置いてフルスイング。46度では、通常のボール位置からHSを落として打ってみます。どちらも総距離はほぼ同じ(約95yd)ですが、52度はバックスピン量が約3000回転も多いですね(46度=5671rpm、52度=8335rpm)。ともに、ほぼ同じ打ち出し角とボールスピードながら、52度のほうは吹き上がって飛距離ロスしやすいデータを示しました。アゲンストの風が吹く日のラウンドで、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

mbu事業案内
効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き!
ツアー速報をお届け ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
ゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
リニューアル!予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入OK!
年会費無料の特典付きゴルフカード!
アマチュアナンバー1を決める熱き戦い!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス