レッスン・練習
ただいまログイン状態を確認中です。しばらくお待ちください。

今回のテーマは“絶対引っかけたくない!そんなとき…” 中山三奈

女子プロ・ゴルフレスキュー

“絶対引っかけたくない!そんなとき…” 中山三奈

左がダメなら、左寄りに立つ!

(以下、中山プロ解説)
ドローボールが持ち球のゴルファーにとって、左にハザードがあるホールはどこか嫌な気持ちになります。景観に惑わされず、スイングに集中するのが一番ですが、そうはいかないのがゴルファーの心理。私が普段から気をつけていることをお話します。まずは、ティグラウンドの使い方から。左がダメなときは、ティアップをできるだけ左寄りにしています。

引っかけてもOB回避!

理由は、もし左に曲がったときにフェアウェイを広く使えるからです。右寄りにティアップしてしまうと、右サイドが狭くなり、やや引っかけただけで左の池につかまってしまいます。左寄りにティアップすれば、右サイドが広く使えるため狙いをやや右側に置くことができ、大きくフックしても池ポチャまでは回避できます。

原因は「インサイドアウト軌道」

次は、スイングでの引っかける原因です。原因は多々ありますが、インサイドアウトの軌道が強くなるのが、その典型です。インサイドからアウトサイドへヘッドが動いていき、インパクト以降で体が止まって腕だけで返してしまう。特に「このホールは大切にいきたい」と思うほど、体が止まり、引っかけのミスが起こりやすくなります。

逆に“インサイド”に振り抜けばOK!

ですから対処法は、思いきってインサイドに振り抜くこと。フルスイングを意識するのが効果的です。左に行かせたくないときほどフォローでヘッドをインサイドまで振りきることで、まず引っかけは出ません。絶対に左に行かせたくないなら、恐がらず思いきって振り抜くことを心がけましょう。

“フルスイング”の勘違いは右肩に出る!
おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

GDOゴルフスクールガイド
スコアアップを手助けするゴルフレッスン・ゴルフスクールの情報を多数掲載

hotlist 2018

“HOTLIST 2018”今年の優秀なクラブたち
最新クラブを徹底レビュー。「HOTLIST2018」公開!

レッスン

サイエンスフィット 悩めるアマチュアを被験者にしてスイングを解析。上達するための改善方法をお伝え。
女子プロレスキュー シチュエーション別に女子プロゴルファーがわかりやすく解説。
上達のヒント スライス、フック、トップ、ダフリなど、悩みに答える記事が満載。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 

GDO注目コーナー ~より充実したゴルフライフをあなたに~

ゴルファー保険 新規ご成約キャンペーン!
mbu事業案内
効果的な集客、商品訴求。イラスト事例付き!
ゴルフ工房
ゴルフ工房で職人の技をあなたの14本に
ツアー速報をお届け ゴルフ速報アプリ
圏外でも使える!GDOスコア管理アプリ
泊まりで行くならゴルフ旅行がオススメ!
スコアアップを手助け!ゴルフスクール
名門コースでのプレーをあなたに
名門コースでのプレーをあなたに
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
ゴルフレッスン動画はGDOゴルフ動画
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
高還元率を実現したゴルファー専用カード!
すべてのゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
ゴルファーのためのゴルフ練習場ガイド
リニューアル!予約クーポン4,000円分をプレゼント!
予約クーポン4,000円分をプレゼント!
打込み、破損、盗難も、プレー前日まで加入OK!
年会費無料の特典付きゴルフカード!
アマチュアナンバー1を決める熱き戦い!
ゴルフで楽しく社会貢献!菜園プロジェクト
GDOサービス一覧
GDOおすすめサービス